« 岡田虎次郎が褒めたイソップ | Main | 太陽と月の奇跡的な偶然 »

2009.07.22

マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法

インドの聖者ラマナ・マハルシに、ある女が尋ねた。「私は教養がなく、聖典を読んだこともない。こんな私でも真我を実現(悟りを開くのと同じ意味と言って良いと思う)できますか?」
マハルシは「当然できる」と答えた。そして、そのための最もシンプルな方法を教えた。「自分に対し、私、私・・・と心の中で言い続ければ良い。そうすれば真我を実現できる」。
「私」は、あらゆる想念の源である。いかなる想念にも、まず、「私」という想念が先立つ。どんな想念も「私」に起こるからだ。
その「私」に意識を集中すれば、どんな想念も起こらず、やがては、「私」という想念も破壊される。それが自我の終焉であり、真我の実現である。
だが、マハルシは、もう1つの易しい方法として、「明け渡し」を教えている。これは、一切を神に任せ、神を信じ切るということだ。任せたからには、何が起ころうと不満を言うことは赦されない。
私の知る限り、明け渡しの方法を選択した人の方がうまくいっているように思う。
明け渡しは、絶対他力である。自分の力は無力として放棄している。これは、運命論に近いか同じと思う。

仏教学者のひろさちやさんは、子供の頃、毎日、祖母に仏前(神前だったかもしれない)にお祈りをさせられたが、お祈りの内容を報告させられた。お祈りの内容が「ありがとうございます」以外であれば、やり直しを命じられた。
私は、なんと素晴らしい教育であることかと感動した。
春日大社の宮司であられた葉室頼昭さんも、神様へのお祈りは、ただ感謝するのみと著書に書かれていた。そして、取り越し苦労や持ち越し苦労(後悔)は、神様への侮辱であると言う。神様が良くしてくれないはずがないからだ。
ただ、見返りを求めての感謝では全く意味がないはずだ。下心があれば、いかに形ばかりの感謝を示しても神様にバレないはずがない。まあ、それでも大目に見てもらえているのだとは思う。だから、政木和三さんは、「欲望を捨てれば不可能はない」と言ったのだと思う。

しかし、考えてみれば、それを宗教、あるいは、宗教的と言おうが、あるいは、古代の英知、真の知恵、至高の哲学と呼ぶかは人それぞれであろうが、およそ本物の教えで他力でないものはないと思う。
最も徹底した他力であるのは、親鸞の弟子の唯円が書いたと言われる「歎異抄」と思う。ここでは徹底して自力が排除される。
無為を徹底して説く老子、荘子もそうであるし、「天の父はお前達に必要なものなどとっくにご存知で、それは必ず与えられる」と言ったイエスの教えもそうであるはずだ。
だが、ニサルダガッタ・マハラジが言ったように、「不要なものを求めなければ必要なものが与えられる」のであることを忘れない方が良い。
そして、不要なものを求めて、それが得られたとしたら、それは単に人生における借金のようなものと思う。
どこかの国で、ある富裕な人たちの社交界に入る条件は「働かずに2億円以上の年収があること」だそうだが、昨今、「働かずに高収入」といった不労所得が人気である。これらは宇宙スケールの借金であり、その結末は、我々の知る普通の借金と変わらず、ただ、前世、来世も含めた壮大なものなので、見え難いだけのことかもしれない。恐ろしいものである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 岡田虎次郎が褒めたイソップ | Main | 太陽と月の奇跡的な偶然 »

Comments

いつも、深く関心をしながら、学ばせていただいております。マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法は、私も思うところがあります。今まで私は、本を沢山読み、知識を詰め込んできましたが、こんなもの、価値の無いものと
気がつきました。マハルシは、私といっていますが、小生の場合は、内へ内へ、自分の中の魂の響きを感じるようにしています。
「明け渡し」いいですね、使わせてもらいます。
またコメントさせていただきます。自分への学習にもなるので


Hidesaburou

Posted by: Hidesaburou | 2009.07.22 10:45 AM

★Hidesaburouさん
マハルシの本を読むと、マハルシは、真我探求には、「私」の探求と、明け渡しの2つしかないとしています。
「私」の探求以外では、結局失敗することを詳しく説明しています。

私も、明け渡しが好きです。
全て神様にまかせ、神様を絶対的に信頼する道です。宗教家のみならず、あらゆる分野の人に、この道を行く人が多くなっていると思います。

Posted by: Kay | 2009.07.22 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法:

« 岡田虎次郎が褒めたイソップ | Main | 太陽と月の奇跡的な偶然 »