« 私は新しい地球を見たいと思う | Main | 食の慎みにも楽しみはある »

2009.07.01

NLPを使う

NLP(神経言語プログラミング)の気楽な話をする。
NLPは、アメリカで生まれた能力開発技術だ。
良きにしろ悪しきにしろ、私には随分と縁があるようだ。

NLPを作ったのは、リチャード・パンドラーだ。
リチャード・パンドラーは、元々が数学者で、コンピュータの研究をしていた。
それが、何らかの理由で精神療法や心理学を学ぶようになったのが、NLPを作るきっかけになった。
パンドラーは、世界的な催眠療法家である精神科医、心理学者のミルトン・エリクソンを崇拝し、その技法をNLPに取り入れている。さらに、パンドラーは専門である数学やコンピュータ理論を効果的に活用している。

ところで、私がNLPという言葉を知ったのは、いまや自己啓発の世界的カリスマである、アンソニー・ロビンズによってである。
ロビンズは、元々、パンドラーの弟子であった。
それが、どういう経緯かは知らないが、独自に能力開発セミナーを行うようになった。最初の頃は、NLPを前面に押し出していたと思う。
ロビンズは、空手の板割りや煉瓦割りを披露したりもしたが、何といっても、ロビンズを有名にしたのは火渡りだ。燃えている炭火の上を裸足で歩き、また、セミナー受講者を誰でも歩かせるのである。

ロビンズの活動を、師匠のパンドラーがどう思っているのかは知らなかったが、パンドラーの本に、誰のこととは書いていなかったが、明らかにロビンズの火渡りを批判することを書いていた。あんなことは簡単に出来ることであり、NLPとは関係ないといったようなことだったと思う。
かつての師弟は良い関係にないことが感じられた。

では、師匠のパンドラーと弟子のロビンズのどちらが優れており、また、どちらが成功しているかというと、何とも言えない。
一般向けに派手な宣伝が上手いこともあり、ロビンズの方がはるかに売れている印象はあり、書籍のベストセラーも多いが、パンドラーのNLPやエリクソン療法に関する書籍もロングセラーとして着実な支持があるように思う。

さて、先程も書いた、パンドラーがロビンズの火渡りは簡単なことと本に書いていることであるが、本当に火渡りは簡単なのであろうか?
実際、ロビンズの火渡りについて、多くの人が意見を出しているようである。
ここで、物理学者(専門は量子物理学)である、フレッド・アラン・ウルフの著書「聖なる量子力学 9つの旅」を取り上げたい。
フレッド・アラン・ウルフによる、一般向けの量子物理学の入門書である「量子の謎をとく」は全米書籍賞“The American Book Award”を受賞しているが、他にも多くの書籍がある世界的な量子物理学者だ。
フレッド・アラン・ウルフは、実際にロビンズの火渡りを体験しているのだ。
熱さは感じなかったが、足に火ぶくれは出来ており、間違いなく高温であったと言う。
そして、論理的には、この火渡りがなぜ可能かは不明だと言う。

フレッド・アラン・ウルフは、ロビンズを評価している。ただし、それは、例えロビンズの火渡りが、パンドラーの言うとおり、簡単な子供騙しであったとしてもだ。
優れたシャーマンの中にも、明らかにトリックを使う者もいるらしい。
しかし、そのパフォーマンスにより、人々に意識変革を起こさせることこそが、シャーマンの目的なのであり、その意味でも、ロビンズの火渡りには大きな価値があると言えるかもしれない。

日本でも、セミナーで、名刺による割り箸切りや、スプーン曲げ、電話帳裂きなどを取り入れている人がよくいる。
あるいは、風船を割らずに針や、そればかりか、割り箸を突き刺すようなパフォーマンスをしたりする。
これらこそ、ある意味、子供騙しと言えるほど簡単なことで、私にだって全部簡単にやれる。
しかし、初めて見る人はやはり驚くし、演出によっては、程度の大小はあっても、意識変革を起こさせることが可能かもしれず、決して馬鹿にしたものでもない。

尚、私は、NLPのテクニックを使って、かなりの飲酒癖のある女性を、酒が飲めないようにしてしまったことがある。
考えようによっては、これもシャーマンの技のように感じるが、NLPの効果は大したものである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 私は新しい地球を見たいと思う | Main | 食の慎みにも楽しみはある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NLPを使う:

« 私は新しい地球を見たいと思う | Main | 食の慎みにも楽しみはある »