« 北朝鮮武力行使なら、孤立無援になりかねない日本 | Main | 夢の中で空を飛ぶコツ »

2009.06.15

昔の疑問

昔、こんな疑問を持ったことがある。
人類全員が悟りを開いた理想社会になったとしても、例えば、素晴らしい美少女が1人居て、2人の男が彼女を好きになったら、やはり争いが起こるのではないだろうかと。
しかし、悟りを開いてみたら、争いなど起こるはずがないことが分かるだろうと思う。
美少女もライバルの男も、私が創造したものでしかないのだ。
悟りを開いた人も、感受作用そのものは、普通の人と似ており、ひょっとしたら一時的な反応は平凡に見えるかもしれない。つまり、がっかりしたり、嘆いたりすることもあるだろう。しかし、何事もただ受け入れれば良いだけのことで、それで終わりである。
偶然に何か起こったりはしない。それなら、その必然がなぜ起こったのか、自分に尋ねてみたら良い。答えは思わぬ方法でもたらされるので、決して先入観や自我意識の計算や論理で推測しないことだ。
果実は熟れた時に自然に落ちてくる。それを待つことだ。
教え込まれた偏見もまた世界を創る。権威ある教育とは、新たな偏見を叩き込むことに過ぎない。
だが、自分に尋ねて耐えることで、余計な思い込みを捨てれば、世界は変わる、あるいは、終わるだろう。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北朝鮮武力行使なら、孤立無援になりかねない日本 | Main | 夢の中で空を飛ぶコツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昔の疑問:

« 北朝鮮武力行使なら、孤立無援になりかねない日本 | Main | 夢の中で空を飛ぶコツ »