« ニートは戸塚ヨットスクールで鍛えるべきだ | Main | アセンションは全人類のブレイクスルーの総体 »

2009.06.25

「神である幻想」と「神でない幻想」

「新世紀エヴァンゲリオン」も「涼宮ハルヒの憂鬱」も、量子物理学をベースにしたようなお話で、よく似ている。
量子物理学者のシュレーディンガーは、量子物理学と生物学を統合しようと試みたが、量子物理学と心理学の統合も興味深いと思える。

フロイト派心理学者の岸田秀さんの本で読んだが、赤ん坊は世界と自分の区別ができないので、自分イコール世界と感じている。
量子的関係性において、自分は宇宙全体でもある。
だが、いずれもそう感じているのは意識であり、両者に違いはないように思う。
岸田さんは、赤ん坊の、「自分イコール世界」観は、自分が神であるという一生続く幻想をもたらすという。
しかし、本当は自分が神でないということの方が幻想かもしれない。
「新世紀エヴァンゲリオン」や「涼宮ハルヒの憂鬱」を見ながら、それを見極めてみたいものだ。
特に、「新世紀エヴァンゲリオン」の最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの~Take care of yourself~」は、全くの量子力学のお話のように思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ニートは戸塚ヨットスクールで鍛えるべきだ | Main | アセンションは全人類のブレイクスルーの総体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「神である幻想」と「神でない幻想」:

« ニートは戸塚ヨットスクールで鍛えるべきだ | Main | アセンションは全人類のブレイクスルーの総体 »