« 警告 | Main | 光と影 »

2009.06.23

時を超えて出会うもの

ナボコフの「ロリータ」という有名な小説の中に、こんな話があったと思う。
倒錯者である主人公ハンバートが少年の時、アナベルという美しい少女に出会う。
2人が日記を見せ合って分かったのだが、同じ日に、2人の部屋に小鳥が飛び込んできたことがあった。
これは偶然であろうか?

昔、同じ日に、2人の部屋に小鳥が飛び込んできたことで、今、2人は愛し合うようになったのだろうか?
こうは言えないか?
今、2人が愛し合うことによって、昔、同じ日に2人の部屋に小鳥が飛び込んだのだ。

あなたが男性の大人としよう。
中学生時代に付きあっていた女の子がいたとしよう。
しかし、彼女とはとおに別れ、今、彼女はどうしているかは全く分からない。
ところがある日、彼女と再会し、あれからのことをいろいろ話してみる。
すると、お互いの人生において、偶然としか思えない類似性が数多くあることに驚く。

神秘的に思えるが、上記のようなことは、普通に起こるのである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 警告 | Main | 光と影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時を超えて出会うもの:

« 警告 | Main | 光と影 »