« 超越意識をどうやって獲得するか? | Main | 今の若い人はスタイルが悪い »

2009.06.05

成功哲学を超えた不思議な話

私がまさにそうであったが、初めて、世の中には「引き寄せの法則」や「潜在意識の法則」という、欲するものを魔法のように得る方法があると知った時、多くの人は喜びを感じることと思う。
本1冊あれば、即実践可能であることも素晴らしいと思う。別段、難しいことをやる必要もない。
そこで、早速試してみるわけだ。
(そこで試そうとも思わないなら、その者には精神的な問題があるように思う)
しかし、やってみても、ほぼ誰もうまくいかないのである。
しばらくはがんばってみるが、ほどなく諦めて忘れてしまう人が多いと思うが、そうではなく、なんとか本に書いてあるような成果を得ることはできないかと粘る人もいる。そんな人は、その後どうするかと言うと、成功本マニアとなり、あらゆる成功法則の本、あるいは、スピリチュアルな本にまで手を出して次々に読んだり、あるいは、高価な教材やプログラムに手を出し、果てしない成功追求道に邁進することとなる場合がある。
しかし、成功は訪れない。

ところが、稀に本当に成功する人もいる。
そのような人は、自分が引き寄せの法則や、潜在意識の法則で成功したと思っているかもしれない。
しかし、成功した人というのは、「どうすれば成功できるだろう」と自分に問い続けた人なのだ。
若い人であれば、成功法則で恋愛を成就させたいと思うこともよくあるだろうが、そんな場合も、「どうすればモテるだろうか?」とか、「どうしたら、あの人を振り向かせることができるだろうか?」と問い続けた人ならうまくいくものである。
不思議なものであると思うかもしれないが、分ってしまえば、それが自然なことなのである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 超越意識をどうやって獲得するか? | Main | 今の若い人はスタイルが悪い »

Comments

>成功した人というのは、「どうすれば成功できるだろう」と自分に問い続けた人なのだ。
素晴らしく明快な指摘です。
読んだ瞬間視界が広くなりました。
僕自身、読むだけ成功本マニアだったことがありました。
成功本の内容を少しずつでも実行できるようになったのは、8割近くの本を処分してからでした。

Posted by: Uoとしさ | 2009.06.06 09:55 PM

★Uoとしささん
私も、成功本や類書を軽く5百冊は読んだと思います。
しかし、人生は、それぞれで全く違いますので、人のやり方でうまくいくはずがありません。
答を知っているのは自分だけだと気付いた時、ああ、自分に聞けばいいのだという、当たり前のことが分かりました。
自分に聞けば、およそ想像もしなかった方法で答えてくれます。

Posted by: Kay | 2009.06.06 11:03 PM

お久しぶりです。mamemoyashiです。現在も少食を続けております。今回のエントリーには参りました。最近、初めて苫米地さんの本を読んだのですが、止観について書かれていました。まさにそれですね。kayさんの今回の話と苫米地さんの話で、何かが心に起きました。

Posted by: mamemoyashi | 2009.06.07 05:54 AM

★mamemoyashiさん
お久し振りですね。
私は、なんだかよく食べてますが、1日1食で、肉もお菓子も食べないので、まあいいかと思っています(笑)。
苫米地さんは、「洗脳原論」の頃から読んでます。訳の分からん人ですが(笑)、良いヒントは私ももらえました。
彼も、世界は本当はないのではと疑っているようです。疑う必要なんか無いのに・・・。本当に無いのですから(笑)。

Posted by: Kay | 2009.06.07 08:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成功哲学を超えた不思議な話:

« 超越意識をどうやって獲得するか? | Main | 今の若い人はスタイルが悪い »