« 我々に権利なんてものはない | Main | 貴き少食者だったマイケル »

2009.06.30

私はなるべく話さない

最近、私はなるべく話さないことにしている。

電車の中で、大学生と思える2人の男子が、大きな声で話をしていた。
ひどく下らない内容で、以前なら、私はひどく不快に思ったはずだが、長く種観霊という行をしているせいで、さほどの感情は出てこない。種観霊とは、自分が作り出している外部世界の意味を感じる行である。

その時思ったものだ。
言葉というものは、我々が思っているどころではない重要なものだ。
悪い言葉を使うと、どれほどの害があるのかは予想もつかない。
最近は、若者の言葉が乱れているとよく言われるが、乱れているなんてものではない。それがどんな影響を生み出しているか、考えるのも恐ろしい。
しかし、私だって、人と話せば、決して良い言葉を使わず、むしろ、後で後悔するような言葉を多く使っているものだ。それなら、必要がない限り、話さない方が良い。
そして。心が整ってくると、話す必要もなくなってくる。
「話せば分る」という有名なセリフがあるが、人間は話しても分らないのだ。なぜなら、人が理解できるのは、自分が持っている概念の中、言い換えれば、個人や集団の偏見、あるいは、幻想だけであるからだ。
普通の言葉は、偏見や幻想を強化するために働く。
それは、心の中の言葉でも同じではあるが、話された言葉の効果は大きいのだ。
それならば、私はなるべく話すのをやめようと思う。

ラマナ・マハリシは、相互理解は、一緒にいる時に沈黙の中で訪れると言った。
アニメ「ちょびっツ」で、秀樹は「幸せってのが分った。それは一緒にいるってことだ」と言った。
イツァク・ベントフの「ベントフ氏の超意識の物理学入門」に、一緒にいることで、波動的共鳴が起こり、一体化するという話がある。
そして、一度、波動的関係を持つと、離れても相手に影響を及ぼす。その通信速度は、いかに不思議でも光よりも速いのである(特殊相対性理論により、光速より速いものは存在しないはずである)。

言葉は注意深く、慎重に使わないといけない。
自然に聞こえ、美しい言葉を使うのが良い。
醜い言葉、無駄な話、不要な褒め言葉(良からぬ意図があるのが普通だ)を言う者は不幸である。

シャープという会社の液晶テレビのCMで、吉永小百合さんが「アクオスしましょう」と言う。あんな素晴らしい人に、こんな言葉を使わせることが、日本をいかに汚しているかと思うと、私は悲しみに耐えない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 我々に権利なんてものはない | Main | 貴き少食者だったマイケル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私はなるべく話さない:

« 我々に権利なんてものはない | Main | 貴き少食者だったマイケル »