« 童話を読むということ | Main | 殺したいほど憎いやつの機嫌を取れるか »

2009.05.17

超能力測定プログラムバージョンアップのお知らせ

ESP測定プログラムを最近、更新しました。
このブログの左サイドにもリンクを設置していますが、このブログ内にESP測定プログラム専用Webページを用意しています。
当然、プログラムは完全無償です。

つい最近まで、超能力などというものは全く信じていませんでしたし(大槻教授のファンでもあります。教授の教育的信念には敬服しております)、今も特に信じているわけではありませんが、私にはこれについても印象深い思い出があります。

中学生の頃、コインを使って行う1人遊びを考案したことがありました。
発表するほどのものでもない単純な遊びでしたが、引きこもりな上、特に勉強もしなかった私には良い暇つぶしで、家の中でずっとやってたものです。
その遊びは、コインを投げて、表か裏かによってポイントを付け、架空の相手との勝ち負けを競うものでした。
勝つ確率は全くの五分でした。
ところが、遊びを始めて何日経っても、一度も負けないのでした。
不思議だとは思いましたが、当時は純粋だったのか、特に違和感もありませんでした。
しかし、ある時、ついに疑い始めました。すると、やはり半分は負けるようになりました。

新しいESP測定プログラムは、測定結果をデータとして記録し、長期間の試行結果をも統計処理する仕組みを加えています。
かなり粗っぽく作りましたが、さすが私も専門家です(笑)。

最近、このESP測定プログラムを作る上で参考にしたサイメーターエミュレーションプログラムや、その大元のサイメーターの製作者である橋本健先生(理学博士)の本を読んで非常に心に感じるところがあり、少しでも志を引き継ぎたいものと思いました。

尚、今後は、易占いのプログラムも作ろうと思っています。
食の慎みや2012年のアセンションにも、運命学というものは有益なものと思います。
水野南北もまた、観相の達人であり、それと、食の慎みとの関係はやはり重要な部分があると思います(観相が食の慎みに必要という訳ではありません)。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 童話を読むということ | Main | 殺したいほど憎いやつの機嫌を取れるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 超能力測定プログラムバージョンアップのお知らせ:

« 童話を読むということ | Main | 殺したいほど憎いやつの機嫌を取れるか »