« 自覚できる夢 | Main | 神のサイコロ »

2009.05.07

格が違うことが分からない愚かさ

大相撲で、横綱と前頭何枚目かの力士では、確かに実力差は大きいが、横綱対幕下などというあり得ない対戦ほど勝負は絶対ではない。
プロボクシングでも、結果が確実に予想できるような実力差のある対戦はない。

ライオンとヒョウが同じ地域に棲んでいることはあるが、ヒョウがライオンに戦いを挑むことはない。
ヒョウとライオンに限らず、明らかに力に差がある相手に挑む野生動物はいない。たとえ、子供を守っている母親であっても、絶対に敵わない場合は、子供を見捨てて逃げる。

しかし、人間だけは、全く格の違う相手に愚かにも挑むことがある。
それが良い場合もなくはないが、ほとんどが匹夫の勇である。

プロレスの世界では史上最強と言われたルー・テーズというレスラーの師匠だったエド・ルイスを、テーズは「史上最強は私ではなくルイスだ」と言った。そのルイスに、アマチュアの世界では賞賛を浴びるレスラーが挑戦してきた。ルイスはアマチュアレスラーの肩を砕き、その肩が炎症を起こして、この20歳の前途有望だったはずの若者は両腕を切断した。
おのれの力を見誤り、自惚れや傲慢が過ぎると、こういう悲惨な結果となる。それはよく見られることだ。

分かりやすいよう、肉体での戦いの例をあげたが、もちろん、いかなることでも同じだ。ビジネス、芸術、思想、哲学、その他、何らかの技術やノウハウなどにおいても、自分が全く格の違う相手と互角、あるいは、上だと思い込む未熟者は人の世に溢れかえっている。
我々が誰かを批判せずにいられなかったり、嫌悪する時、ほとんどの場合、このような愚かな間違いを犯していると思ってまず間違いがない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 自覚できる夢 | Main | 神のサイコロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 格が違うことが分からない愚かさ:

« 自覚できる夢 | Main | 神のサイコロ »