« 再び自己信頼について | Main | ESP測定プログラム »

2009.05.03

引きこもりこそ万能の鍵である

引きこもりに対する大誤解について書いておこう。
引きこもりは全く悪くない。むしろ偉大な美点だ。
引きこもりとは、世間的な意味での他者との交流が嫌いだというだけのことで、別にコミュニケーション能力が無いわけでもない。
資本主義経済社会では、この世間的な交流を前提にした仕事が大半なので、引きこもりは仕事がしにくいのも確かである。
しかし、そう思うのもまた、世間に騙されているのだろう。

引きこもりがニートである言い訳にはならない。
この世で生きる者は、自分の生活は自分でまかなわねばならない。
引きこもりは素晴らしいものであるが、ニートには何の美点もない。
私は、ある時、世間的な他者との交流は捨てた。そうしたら、社会的なことで困ることもなくなった。

私は、子供の頃、スズメバチの巣を持ち帰って観察したことがある。
巣には、さなぎだけがあったが、最初に孵化したハチは、羽がもげていた。
そのハチはどうしたかというと、歩いて出かけ、歩いて帰ってきて、ちゃんと巣の世話をしていた。
飛べないからといって、働かなくて良いのではない。
まして、引きこもりは、他の者と比べ、何ら劣っているわけではなく、むしろ優れている。
言ってみれば、他のハチが羽の使い方を知らずに飛べない中で、自分だけが飛ぶとすら言って良い。

実際、私は世間の人の真似をやめた時に飛ぶことを覚えたのだ。
信じていただければ幸いだが、この世の本当のことを知るには引きこもる必要がある。
そして、この世の本当のことを知れば不可能はなくなるのである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 再び自己信頼について | Main | ESP測定プログラム »

Comments

スズメバチを持ってかえったんですか!?よくできましたね(゜□゜)

「不登校、選んだわけじゃないんだぜ!」理論社
←よかったら読んでみてください。

Posted by: MU | 2009.05.04 at 12:55 AM

蜂と言えばミツバチが異常減少しておりますね、弥勒の世が来る前にミツバチの魂は次元上昇したようです。
引きこもりの人も引きこもりでない人も人生せいぜい生きても平均寿命八十年~♪日の光、水、空気、僅かでも食べられる食事があれば幸せなんですよね☆
全ては自己選択、頭でっかちカチカチになる必要なしだと思いますね、本来人間という存在は自由↑わーい\(^_^)/生きてるっていうこと事態、可能性という名の宝庫なんですから↑
いつもありがとうございます♪

Posted by: 中島 | 2009.05.04 at 06:41 AM

●MUさん
本のご紹介、ありがとうございます。
私と縁ある本なら、いつか読むことになるでしょう。


●中島さん
いつも、毒にも薬にもならないご意見、ありがとうございます。

Posted by: Kay | 2009.05.04 at 08:47 AM

まったく同感です。
「引きこもり」というと、どうしても社会的落伍者イメージがありますけど、僕は引きこもりを「ノアの方舟に乗る事ができた人」という風に捉えています。

現実世界の嘘に気づいて、盲目的な奴隷の人生を歩まされる事に危機感をもった人たちが、真実を取り戻し、それを守るために潜伏しているんだという解釈です。

僕は外に仕事を持っているので厳密には引きこもりではないですけど、プライベートでは世間から極力距離をおく生活をしているのでKayさんの意見にもすんなり同調できました。

たまにこのKayさんのブログを拝見させていただくんですけど、多方面の分野に渡って博識があるブログなので、教養のない僕なんかにはすごく勉強になります。

いつも貴重な意見や情報を提供してくださってありがとうございます!

Posted by: donchuk | 2009.05.04 at 08:25 PM

★donchukさん
引きこもりが「ノアの箱舟に乗ることができた人」という発想は素晴らしいですね。
引きこもりは、文字通り引きこもって深く考えることができる人で、社会に押し付けられたようには考えない人だと思います。
そして、社会の人を恐れる必要もありません。彼らこそ、自分で考える人を恐れていますからね。
donchukさんは、ちゃんと働いておられるのですが、引きこもりを理由に働かない人が多いのは残念です。彼らは、人生の大半を知らずに死ぬ可能性がありますからね。

Posted by: Kay | 2009.05.04 at 09:04 PM

Kayさんありがとうございますhappy01
そうそう、そうなんですよo(^▽^)o
私が目指している所は毒でも薬でもなく水なんです♪
(*^-^)b
感謝♪

Posted by: 中島 | 2009.05.04 at 09:10 PM

私も軽度の在米引きこもりの気があるのでこの記事はうれしいですね。
日本人コミュニティも嫌いでまったく参加せず
(だって日本にいたら付き合わないような種類のかたがたとも
ここには日本人が少ないってだけで友人であることを強いられるんですから)
1年ほど前に知り合いからとうとう「ぬこは日本人コミュニティにまったく貢献していない」と批判されました。
そのとき「私はコミュニティ活動自体が嫌いでかかわりたくないのだが、何ゆえ強制的に関わり、しかも貢献しなくてはいけないのか?
さんざん世話になって貢献しないなら責められてしかるべきだが私はまったく彼らに頼ってもいない。お互い様ではないか?」と聞いたところ相手はびっくりして黙ってしまいました。
それまでの彼の中には存在しない選択肢だったのでしょうね。
「積極的に人と関わりコミュニティに貢献する=善」って洗脳されてるだけじゃないのかと思いますけど。
今では私は「群れるのが嫌いな変わり者だが害はないやつ」として迫害されることなく認知されてます( ̄▽ ̄)

Posted by: ぬこ | 2009.05.05 at 01:30 AM

★中島さん
私は、水ってのは、最高の薬で毒だと思っています。


★ぬこさん
その苦労、分かるような気がします。
「あんたもこうするのが当たり前だ」的なところが、日本人には特に強いように思います。
ある面、良いところもあるのですが、それは本当の日本的価値観を無くした今となっては害が多いでしょうねえ。
おっしゃる通り、見んな、そう言ってる私も洗脳されているのでしょうね。
でも、私は、ぬこさん好きだなあ(はあと)。
私は、小さなことですが、社員旅行や宴会に参加しないようになりました。最初は大変な反発(ほとんど迫害)がありましたが、慣れればどうってことないです。

Posted by: Kay | 2009.05.05 at 12:12 PM

おー
なるほど~!確かにshockんじゃ最高の毒と薬を目指しまっすupゆっくり時間を掛けてヾ(≧∇≦*)ゞ

Posted by: 中島 | 2009.05.05 at 10:12 PM

★中島さん
人それぞれでありますが、私なら、聖者が無理なら大悪人になりたいものです。小市民、小善人でなければ何でもいいです。

Posted by: Kay | 2009.05.05 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/44884240

Listed below are links to weblogs that reference 引きこもりこそ万能の鍵である:

« 再び自己信頼について | Main | ESP測定プログラム »