« 無表情な誘い | Main | 明日から夏休みという日の学校帰りの気分 »

2009.05.22

バイオパワー、あるいは、フォースの終焉

我々を強力に洗脳し、奴隷状態に置くことで、自分達だけ贅沢三昧で楽しく生きようとする者達の勢力を、ある者はバイオパワーと呼び、ある者はフォースと呼んでいる。
バイオパワーやフォースは、言うまでもなく、巨大な権力と結びついている。いや、権力そのものだ。
その力を使って、我々に何でも信じ込ませることが可能だ。そのためには何でもやる。
新型ウイルスなんていくらでも作ってバラまくし、自作自演のテロを起こして、誰かを世界的犯罪者に仕立て上げるなど、朝飯前というところだ。

私は、幼い頃から、バイオパワーやフォースの存在に気付いていたおかげで、学校などでは徹底的に苦しむハメになった。
バイオパワーやフォースの定めた思考や行動に従わない子供には、洗脳し直しのための恥辱と迫害が用意されているのだ。

「デスハンター」という、SF作家の平井和正さんがストーリーを作り、桑田次郎(現・桑田二郎)さんが絵を描いた傑作漫画がある。
私のために、神様が聖書より尊いものを用意しておいてくれたのだろう。
実際、私は、家にあったこの漫画を何十回(何百回?)と読んだものだ。
バイオパワー、あるいは、フォースの権化であるミスター・シャドーに、田村俊夫は宣言するように言う。側には、リシュール・ブルーエという美しい少女がいた。俊夫とリシュールは全裸だ。
「分かっただろう、シャドー!おまえの時代はもう終わったということが・・・」
静かに立ち去る俊夫とリシュール。呆然と見送るシャドー。

私もまた、俊夫やリシュールと同じ力を得たのだ。
だから分かるのである。バイオパワーやフォースが愚かであり、すぐに存在すら終わってしまうことが。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 無表情な誘い | Main | 明日から夏休みという日の学校帰りの気分 »

Comments

洗脳されている感じは僕も前からありました。

いろんな情報が出回りすぎているので、僕は今ほとんどの情報に対して懐疑主義的な立場を取っています。

ネットなどで自由に情報のやりとりが出来るようになったからか、最近よく世界の黒幕的な存在として、ロスチャイルド家とかロックフェラーなどの陰謀説をよく耳にするのですが、それらの陰謀説って確かにある事なんですか?

9.11の真相についてなんかもどうなんでしょう?

もしよかったらKayさんなりにこの陰謀説について一記事書いて欲しいのですが、お願いできませんか?

急なリクエストですいません。
よろしくお願いします。

Posted by: donchuk | 2009.05.22 11:30 PM

★donchuk
世界の黒幕について、一般レベルの人が適当な情報を流せば流すほど、かえって彼らは喜ぶのです。
9.11が彼らの仕業と言った後で、そう言った者も、聞いた者も、すぐに焼肉やチョコケーキの話に熱中するだけですのでね。
本当に危険なやつだと思われたら、家族の1人を彼らのエージェントと取り替えるくらいのことはありますよ^^;
まあ、私レベルなら大丈夫(笑)。

Posted by: Kay | 2009.05.23 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バイオパワー、あるいは、フォースの終焉:

« 無表情な誘い | Main | 明日から夏休みという日の学校帰りの気分 »