« バイオパワー、あるいは、フォースの終焉 | Main | 食の慎みと次元移動 »

2009.05.23

明日から夏休みという日の学校帰りの気分

新型インフルエンザ狂想曲のせいで、子供達の夏休みが削られることになりそうで気の毒だ。

夏休みのことであるが、今でも思い出す。
明日から夏休みという日の学校帰りの気分。
私は、はっきりと天国を感じた。思い出しさえすれば、今でも天国に居られるのだ。
木や草や花や岩や、小石までが、私に語りかけてくる。雨が降り出せば、それは祝福だった。風は私と戯れたり、懐かしい気持ちを運んできた。

そして、その時と同じ気分が、2012年12月22日のことを思うと湧き上がってくるのだ。
その日は祝福の日である。
その日に向けて、出来るだけの準備をしておく必要がある。
しかし、夏休みを前に気持ちが澄み渡るのだって、辛い学校生活を乗り越えたからだ。
我々にも、これから乗り越えなければならない試練がある。

欲望を離れることによって心を鎮め、宇宙と一つになることだ。
しかし、長年の悪しき習慣により、中々うまくいかないだろう。
私は、少食、菜食にして、毎日、神道の「大祓詞」を上げたり、特別な真言を唱えるのだ。
特別な真言は「ローム太霊講話集」(霞ヶ関書房)や、「霊止乃道」(たま出版)に書かれているが、別に、南無阿弥陀仏でも良い。
また、「大祓詞」よりも「般若心経」に縁のある人もいるだろう。
自分が信じるものでやって欲しい。ただ、必ず毎日、そして、いつも。

できれば、皆さんと新しい世界でお逢いしたいものである。
ところが、その時、私がいなかったりして・・・^^;

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« バイオパワー、あるいは、フォースの終焉 | Main | 食の慎みと次元移動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明日から夏休みという日の学校帰りの気分:

« バイオパワー、あるいは、フォースの終焉 | Main | 食の慎みと次元移動 »