« 若さと美しさの価値 | Main | 催眠術パフォーマンスに注意せよ »

2009.04.24

「音楽が仕事になってしまっていた」と言った小室哲哉さん

テレビで小室哲哉さんの公判のニュースを見たが、私にとって印象的だったのが、小室さんの言った、「音楽が仕事になってしまっていた」だ。

アインシュタインは「物理学は余暇にやれ」と言っていたと聞く。
また、自分を賞賛する言葉に対し、アインシュタインは「私は自分が重要な人間だと思ったことは一度もありません。また、趣味で続けてきた物理学での成果も大したものではありません」と言っていたようだ。
余暇にやる本物の趣味は、何も求めず、飽きもせずにやるものだ。
音楽で言うなら、私が常に言う、「生活しながら音楽をやるのではなく、音楽をやりながら生活する」というものである。
お金のためにやることには、想像力や情熱が持続しない。
お金は結果でないといけない。

確かにアインシュタインはお金には無欲で、収入は決して少なくはなかったが、それは誰とでも分かち合った。たとえ見知らぬ人であっても、頼まれるとお金をあげ、奥さんに叱られた。「またあの男に金を与えたのですか?もう何度も騙されているのですよ」と言われても、「私だって分ってるさ。でも、彼にしてみれば、やっぱり必要なお金だったに違いない。だって、伊達や酔狂で物乞いなんてしないさ」と平気だった。
アインシュタインは、洗濯石鹸でひげを剃り、靴下をはかずに靴を履き(彼は、靴下なしで靴をはけることを発見したと言っていた)、いつもよれよれの服で満足し、式典用の燕尾服を買うことに抵抗した(しかし、奥さんに説得されて買った後は、自分が燕尾服を持っていることを知り合いに自慢していた)。
そして、ノーベル賞の賞金は離婚した前妻に全部渡した。
彼は、自分のためには大してお金を必要としていなかったのだ。しかし、別荘を買った時には、ちょっとお金を多く稼いだ。彼には必要な別荘だったのだろう。

必要なお金なら、どれだけ多くても必ず得られる。それは間違いない。
しかし、不要なお金を得ると、確実に不幸への道を歩き始めることになる。
必要なお金とは、人々に奉仕するために必要なお金や、自分の心に静かな満足をもたらすために使うお金である。高級車が欲しいという願望も、あながち悪いものではない。本当にその車の良さが解るか、単に楽しいという場合だ。しかし、自分を誇示するための高級車であるなら、買えることが買えないことより不幸である場合が多いだろう。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 若さと美しさの価値 | Main | 催眠術パフォーマンスに注意せよ »

Comments

目的と手段の逆転現象でしょうね。
音楽で生活できればいい → 借金を返すために音楽で稼ぐ
(彼の当時の収益力に群がった連中の影響もあると思いますが)
この逆転現象を防ぐには、アインシュタインのように余分なお金を
なるべく持たないのがいいかもしれません。
それとは別の意味で「運の波」を調整するために、幸運が続き
儲かった時は独占せずに、おごったり寄付したりして、他の人たち
に幸運を分配しておくのが良いという教えもあります。
そうしておくと、運が悪い時にまったく関係のない人でも助けて
くれるそうです。たしか「カーネギー」の本にも似たようなことが
書いてあったと思います。
(追伸 古事記に関する本を一冊買ってみました)

Posted by: バビル三世 | 2009.04.25 12:01 AM

Kayさん、はじめまして。

私も、Kay というあだ名を持っています。

>「音楽が仕事になってしまっていた」
も、確かに、とても解かります、が、
「なってしまった」、というのか、
「なった」というのが妥当ではないか、
と思います。まあ、結果論、に変わりはないのですが、、、。
日本語、難しいです。

本人の意味することは、わかりませんが、
にわとりとたまご、なのかもしれないなー、
と思います。

では、またー。

Posted by: kaoru | 2009.04.25 01:19 AM

★バビル三世さん
芸術とビジネスの関係というのは実に難しいですね。特に、音楽が巨大産業である現在は。
お金持ちでも質素を愛するビル・ゲイツのような人は本当に賢いと思います。
古事記は、一見馬鹿話ですが、実に素晴らしいです。


★kaoruさん
私は本名ケイなのですよ^^
小室さんは、自分の本当に好きな音楽をしていたのですが、曲がヒットして大きなお金が動くようになると責任も重くなり、純粋に作りたい曲だけでなく、売れる曲を作ることの必要性も痛切に感じたのでしょうね。自分の曲に多くの人の生活がかかり、売れなかった頃に世話になった人に恩返しもしたいし、会社や後援者の期待にも応えたい。そんな中で、いつしか音楽が仕事になってしまった・・・私にはそんな小室さんの気持ちを感じました。

Posted by: Kay | 2009.04.25 11:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「音楽が仕事になってしまっていた」と言った小室哲哉さん:

« 若さと美しさの価値 | Main | 催眠術パフォーマンスに注意せよ »