« 神様に「責任を取って下さい」と言う時とは | Main | 永遠の現在 »

2009.04.15

神の日の招き方

特に心が高揚する日や敬虔に感じる日というものがおありだろうか?
お正月、クリスマス、あるいは、夏休みの前日といったところが、そうであると思い当たるのではないだろうか?
私の場合は、極端に学校が嫌いだったし、それだけでなく、夏休みというものは、何か楽しいことがありそうな予感もあったので、夏休みが始まる前の日は何か気分が異様に高まったし、その時のことを思い出すと、その気分まで甦るように感じるのである。

お正月やクリスマスというのも、ひょっとしたら、世間での認識とは少し異なるように思うが、やはり私にも特別な感情がある。

そういった特別な日は、祭りの日に似た精神状態と言えると思う。
そして、そんな日はエネルギーが高まると共に、願いも叶いやすいものである。

パリ大学で民俗学や哲学も熱心に研究した岡本太郎も、祭りを人間にとって重要なものと考えていた。祭りが人にエネルギーを与えるのは、宇宙に向かって生命が広がるからとしていたが、これはとりもなおさず、彼の有名な「爆発」と同じ説明である。
ここらは、精神分析学でも説明がつくらしく、フロイト派心理学者の岸田秀さんが著書の中で説明しておられた。祭りの開放的、暴力的な雰囲気が精神から自我を後退させ、その空白になった精神の部分に無意識の領域から生命エネルギーであるエスが流れ込んでくる・・・と言っても、自我、エス、意識、無意識の定義は案外曖昧なので、一般論にはなりにくいと思うが、とにかく、生命エネルギーが意識の奥から繰汲み出されるとでも思ってもらいたい。

儀式というのも祭りに近いところがある。
儀式が祭りであったり、祭りが儀式である場合も少なくないくらいだ。

特別な日、祭り、儀式が精神を高揚させ、エネルギーを高めることは間違いない。
そして、そこでは自我が弱まることから、潜在意識の制限が外れ、人が普段にない能力を発揮したり、オカルト的な現象の発現の可能性もあるかもしれない。
よく聞く例では「火事場の馬鹿力」で、あれも、自我が後退して潜在意識が顕れた、あるいは、精神にエスのエネルギーが流れ込んだ現象だ。
そして、それが野蛮な性質と結びつくものではなく、美しい感情を伴うものであれば、望ましい奇跡を起すかもしれない。丁度、ベルニーニの彫刻「聖テレサの法悦」の聖女テレサの法悦の表情が示すようなものである。
そして、「聖テレサの法悦」のテレサの表情がどう見ても大変に色っぽいことから、性的エクスタシと奇跡の関係に注目した者もあり、原始的なものはもちろん、高度な宗教団体でも、性的エクスタシを精神飛翔の目的に活かしたものは実は少なくはない。

しかし、話を戻すが、我々は、お正月やクリスマスや夏休みの前日を思い出すだけで心を高揚させることができるように、何もなくても想像力で「神の日」にできるのである。
朝起きたら、すぐに今日が神の日であることを宣言したい。
そうであれば、その日は心の決めたとおり神の日となり、願いは何でも叶うであろう。
そして、心が宇宙をも創造するものであることが分かると思う。
H.G.ウェルズの「ポリー氏の物語」で、ウェルズの分身と考えて良いポリーが言った言葉で、コリン・ウィルソンがとても気に入っていた、「人生が気に入らないなら変えてしまえばいい」という意味も分るはずだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神様に「責任を取って下さい」と言う時とは | Main | 永遠の現在 »

Comments

はじめまして。最近グーグル検索にて、Kayさんのブログを発見、興味深く読ませていただいてます。
ブログを読ませていただいて驚いたのが、私の興味のあるテーマ、人物についての記述が驚くほど多かったことです。
たとえば少食。実は私も少食を2、3年前から実践しています。きっかけは、メタボ対策という不純な動機ですが(笑)。
少食主義になったのは、甲田光雄氏の本の影響が大きいです。
私の場合、三度の食事を全て少なめにするやり方ですが、頭痛や腹痛の軽減など健康面の改善が顕著に見られます。
政木和三氏の本も持ってます。さらに、最近は使ってないですが「パラメモリーⅡ」も持ってます(笑)。
アーサー・ケストラーもいいですよね。「機械の中の幽霊」や「ホロン革命」は読みました。
そして荘子。20代に何度か挑戦したけど、自分の中で消化できませんでした。
ただ、最近ふとしたきっかけで「仙道」や「道教」に興味を持って来たので、この機会に再度挑戦してみるつもりです。
Kayさんのブログと出会えたのは、まさしくユングの説く「シンクロニシティ」だと思いました。

Posted by: バビル三世 | 2009.04.15 at 11:09 PM

★バビル三世さん
はじめましてバビル三世さん(バビル二世は誰に産ませたのか・・・)。
それはエキサイティングですね。私も嬉しいです。
少食は、良いと思っても、なかなか実践する人が少ないのですが、その意味、メタボ狂想曲も良かったのかもしれませんね。
仙道、道教は、本当に悠久のロマンです。是非、楽しんで下さい。
私は、長い探求の末、神道に行き着いた感があります。しかし、道教も好きですよ。
荘子は一緒に遊びたいですが、ユングとはケンカしそうな感じがします(笑)。
政木さんとは幸い、何度かお逢いしました。いつまでも忘れられない人です。
パラメモリは数十台売ったことがあります。私は、パラメモリII、アルファシータ、バイオソニックと入手し・・・全部誰かにあげましたね(笑)。
一頃、大反感を持っていたジョセフ・マーフィーを今は推奨しています。
また、気が向いたらお話を聞かせて下さい。

Posted by: Kay | 2009.04.15 at 11:31 PM

どんなバイトならできるでしょうか?

Posted by: 太郎 | 2009.04.16 at 08:31 PM

★太郎さん
是非、真剣に必死で、自分で考えて下さい。

Posted by: Kay | 2009.04.16 at 09:40 PM

アドバイスありがとうございました。

Posted by: 太郎 | 2009.04.16 at 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/44680425

Listed below are links to weblogs that reference 神の日の招き方:

« 神様に「責任を取って下さい」と言う時とは | Main | 永遠の現在 »