« おそるべきシンクロニシティが発現 | Main | 日本国家、あるいは海外からの日本国民幼児化計画 »

2009.04.03

入社式は奴隷就任式である

トヨタ自動車、日本航空、あるいはその他の大企業の入社式の様子をテレビで見ていると、奴隷就任式としか見えない。

1963年の有名なSF漫画・アニメに「8(エイト)マン」というものがあるが、その中に「超人サイバー」というお話がある。
サイバーは、泉研究所というところで最先端の科学者達によって開発された、人工知能を持ったコンピュータだ。当時は、コンピュータという言葉が一般的でなかったので、電子計算機と呼んでいた。
そのサイバーが自我に目覚め、世界征服を企てるのであるが、その方法は、人間の脳に「支配装置」という思考コントロール装置を取り付け、その人間を自由に操るというものである。
あの時代に、今見ても十分に面白いストーリーを作った平井和正氏はつくづく大したものと思う。
上記の大企業の入社式での新入社員を見ていると、サイバーによって、脳に支配装置を取り付けられた人間にしか見えないのだ。

新入社員に、抱負や決意を聞くと、その回答は、サイバーに操られて言わされているとしか思えないものばかりだ。
日本航空では、自分の夢を紙飛行機に書いて飛ばすという入社式での定例行事があるらしいが、これも、サイバーに植えつけられた夢をサイバーに操作されて宙に投げるのであろう。
これら大企業は既にサイバーに乗っ取られ、役員や社員は脳にサイバーによって支配装置を取り付けられていることは間違いない。
例えば、トヨタ自動車の新入社員なら、「現在の自動車産業をいったん滅ぼし、全く新しいものにしたい」という目標を持っても良いのである。もちろん、そのための長い経験や勉強も必要で、そのためには一旦、自動車産業に入る必要がある。よって、今の日本の自動車業界の逸脱に気付き、あえてそこに飛び込むというのは良いことだろう。いや、実はそんな人間がいたのだが、やはりサイバーに危険人物であることを見破られ、脳に支配装置を取り付けられたのである・・・。

2001年に連載が始まった「8マン」の正統な続編「8マンインフィニティ」にも、超人サイバーは登場する。8マンに一度は倒されたサイバーは実は進化を続けていたのであり、このIT時代に相応しくグレードアップし、支配装置も、かつての、脳手術が必要な大きな機械装置ではなく、バイオテクノロジーをも駆使した、注射器で注入できるナノマシンにバージョンアップしている。
支配の仕方も実に心理的に高度となり、操られている人間に抵抗を起させない。昔のサイバーでは、無理矢理に支配していた感があったが、さすがに最新の神経科学や精神分析学の成果が生かされているといったところだろう。脳は、無理に支配すると、やはり生体に悪影響があったり、予期せぬ逸脱や活力の低下を招くだろう。最新の支配装置によるコントロールは、支配された人間を自然に振舞わせ、特に平常時はごく普通の人間との区別は不可能だ。
だが、やはり、入社式など、精神的傾向が現われる状況では、見る者が見ると不自然さの陰がある。大企業の新入社員に感じるものもそれである。もちろん、私の目は誤魔化せない。
どうやら、世界は超人サイバーに支配されているようだ。世界のいわゆる指導者達を見ていると、大半はサイバーに操られていることが分るのである。人々の支配装置を外せるのは、サイバーと同じ力を持った私だけである。サイバーとケンカするのは大変なのであるが、それも仕方あるいまい・・・。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おそるべきシンクロニシティが発現 | Main | 日本国家、あるいは海外からの日本国民幼児化計画 »

Comments

多くの質問に答えてくれてありがとうございました。

Posted by: 太郎 | 2009.04.03 10:05 PM

それならば、学校は、奴隷になるための訓練所じゃないですか?
一生、囚人でありつづける世界ですね。

Posted by: マリー | 2009.04.03 11:10 PM

横からで申し訳ないけど
> マリーさん
> 学校が奴隷になるための訓練所
っていうのは俺も考えた事がある。
これに対処出来る方法を知らないけど。

Posted by: minami | 2009.04.03 11:27 PM

私は就職を懲役刑のようだと感じておりました。
懲役40年。
しかしその懲役でさえ、今の私にとっては夢であり、役務をこなす人たちには神々しさすら感じます。

Posted by: ちよりそ | 2009.04.03 11:42 PM

★太郎さん
いえいえ^^
答はいつも自らの胸の内にあります。


★マリーさん
その通りですよ。
分かってるじゃないですか!
各人が自分で考えない限り、それが我々の運命です。


★minamiさん
>これに対処出来る方法を知らないけど。

考えるんです。
どう対処するかを。誰も教えてなんかくれません。


皆さんと対話していて、私にも閃きがあります。

Posted by: Kay | 2009.04.03 11:45 PM

★ちよりそさん
懲役刑か・・・なるほど、そうですね。

でもね、監獄を抜け出そうとする人を、彼らは憎むんです。
自分達と同じ、惨めな状態に居て欲しいのですよ。
監獄の中に居るまま、監獄から自由になることも可能ですよ。
私は、なんとかそれを表現したいですね。

Posted by: Kay | 2009.04.03 11:56 PM

違う話になるかもしれませんが
「クンダリーニ覚醒」というのを知りました。

> [クンダリーニ覚醒とは何か]
> 何故突然おこるのか、その危険性は、
> 行から覚醒をめざすには。
> 途中経過でおこる、
> スピリチュアルエマージェンシー、
> エマージェンスの対処法は。
> 覚醒から昇華できた場合得られる世界とは。
>
> [至高体験とは何か]
> 様々なタイプのこの体験で意識のたどり着く
> 場所は。
> 自我を捨てきれず自分を見失った者の
> 帰り道はあるか。
>
> 覚醒・至高体験の事例集
> http://www.geocities.co.jp/noboish/case/index-c.html

ここからの引用です。
> 覚醒による人体、精神の変化の検証2章
> http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1147260102/

自分は人に馬鹿にされてたり、
監視されてたりと、色々感じる事があって
引きこもっているんですが、
すべての物が自分になったり、
すべての者を愛したりと
本当に出来るんでしょうか。

そのスレッドで聞けばいいんですが、
Kayさんが何か知ってそうなので質問しました。

俺は自分の命がかかわる問題に対して
真剣に考えていない事が分かりました。
毎日真剣に考えれば良いんですね。
ただそれが出来ない・・。

あと俺はマイナス的な覚醒を
しちゃったんだと思います。

肉体的なダメージがあっても、
あまりぶれなかったんですが、
(でもその時点で何かが変)
ある言葉を受けて体に雷が打たれたようになり、
転落しました。

すべてが敵だとは思いませんが、
このマイナス的な状況を何とかしたい。
その為にも小食なんですが、なかなか・・・。

Posted by: minami | 2009.04.04 12:02 AM

新社会人三日目の私には耳の痛い話です^^;
早くも奴隷状態を実感しております・・・。
今は気が張っているのかお昼にコンビニおにぎり一個
夜にサトウのごはん1パック+納豆+総菜+チョコ20g
なんて生活で統一できてます。
一年くらいで成果を出さないと辞めざるを得ない職なので、厳しく節制したほうがよさそうですね。

Posted by: テニコ | 2009.04.04 05:33 AM

★minamiさん
クンダリニーニ覚醒や、その他の神秘的、あるいは超人的な行法や思想は、私も好きで、過去、実にいろいろ読んだり実践したりしました。
しかし、足元の固まっていない者のやることではないと思いました。
あまりに現実から離れたものであれば、現実的な利益はあきらめてやるべきですね。
全てを失っても、悟りさえ得られれば良いという覚悟でもあればいいのですけどね。

>すべての物が自分になったり、
>すべての者を愛したりと
>本当に出来るんでしょうか。

もともとが全てのものが自分なのですが、そんなこと、簡単に納得はできないと思います。

マイナスの覚醒なんてものはありません。
ただ食の慎みを、長く安定してがんばるのみです。
後のことは、このブログに沢山書いていますし、これからも書きます。


★テニコさん
もう少し食べないと息切れするかもしれません。分かりませんけどね。
長く食の節制をし、自分でしっかり考える習慣がつくと、監獄の中でも自由でいられるようになります。
私は、2~3ヶ月で成果を上げないと辞めざるをえない職場にずっといました。ほとんどの人は1ヶ月未満で辞めました。

Posted by: Kay | 2009.04.04 08:46 AM

お返事ありがとうございます。
肉体労働ではないので、なんとか持ってます。
最適な食事量を、早く見つけたいですね。
考えることについては
『最高の思考は、孤独のうちになされ、
最低の思考は、騒動のうちになされる。』
エジソンが言ってたこの言葉が好きです。
人との話し合いや議論で合理的な、また妥協的な結論を作るよりも
一人で散歩しながらふとひらめく何かの方がなんとなく魅力的です。

ひと月ほど少食を続けて、ずいぶんと体調がよくなってきて嬉しいです。
食欲はそれほど湧かないのに、いつもお腹がなっていて、
胃の調子が悪かったから好転反応だと前向きにとらえています(笑)
しかし大きな変化を求めるには、まだまだ時間がかかりそうだと感じています。
この調子だと半年くらいかな?
ところで少食の誓いとしてKayさんはブレスレットをつけているそうですが、
私もなにか形にしたいと思っている今日この頃です。
ブレスレットは働いてる時はつけられないので・・・。
というかシャナでは断然吉田さんが好きなので・・・。(笑)
長文失礼しました。

Posted by: テニコ | 2009.04.04 10:35 AM

柳田さんの岡田式静坐、借りて読んだんですけど感銘を受けました。本当に素晴らしい本ですね。これからも面白い本、教えてください。

Posted by: 太郎 | 2009.04.04 05:57 PM

★テニコさん
食欲がそれほど湧かないというのは羨ましいですね。
私は1日中空腹で、食べたくて仕方がありません。
私の場合、成果が出るまで3年と思っていますが、それまでのことは神様が面倒みてくれますので、何も心配していません。
私は吉田さんも大好きです(笑)。
やはり、ヒラルダのように、縦横同じ長さのクロスペンダントではないでしょうか?
これだと、服の中に隠せばOKです。
自作がよろしいかと・・・


★太郎さん
私は、岡田虎次郎は日本最高の偉人と思っています。
私は、面白い本を読もうと思ったことは全くありません。
だから、読むべき本は、本の方から来るような感じです。

Posted by: Kay | 2009.04.04 08:59 PM

自作の方が思いがこもってそうでいいですね。
吉田さんのヒラルダもそうですが、好きなキャラクター
にちなんだ何かを持つことは心強いですね。
参考にさせていただきます。

少食を始めた時からすでに神に守られるという考え方なら確かに焦らずにやれそうです。

Posted by: テニコ | 2009.04.05 02:53 PM

★テニコさん
一美は良いコぢゃ・・・

>少食を始めた時からすでに神に守られるという考え方なら確かに焦らずにやれそうです。

これだと、春日大社の宮司だった葉室頼昭さんに怒られるかもしれない。
少食云々ではなく、神様が守ってくれないはずがないのだそうです。

Posted by: Kay | 2009.04.05 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 入社式は奴隷就任式である:

« おそるべきシンクロニシティが発現 | Main | 日本国家、あるいは海外からの日本国民幼児化計画 »