« 心を締める鍵 | Main | 17の時より美しい »

2009.02.06

願いには3種類ある

人は、いろんなことを願うものであるが、願って良いものとそうでないものの区別を付けておく方が良い。
大原則は「不要なものは求めない」ということで、これができれば、不安はなくなり、人生は楽しくなる。

願いには、大きく分けて3種類がある。
そのいずれもが、本能と結びついてはいるが、これらの区別を理解しなかったので、フロイトは「人間は本能が壊れている」と言い、マズローは、欲求には5段階があるとして、およそおかしな区分をしたのだ。

以下は、非常に大雑把な説明となる。
願いの3つの種類とは「頭の願い」「感情・心の願い」「無心の願い」である。
頭の願いとは、「お金が欲しい」「恋人が欲しい」「地位が欲しい」といった我欲である。
感情・心の願いとは、「人にただ親切にしたい」「親孝行したい」「ペットを可愛がりたい」という、愛情に結びつくものである。
無心の願いとは、「真の自分になりたい」「世界を平和にしたい」といった高度なものである。

頭の願いは願ってはならない。
これらは妄想でしかない。言い換えれば幻想である。
願わなくても必要なら与えられる。不要なものを願うと苦しくなる。

感情・心の願いは、思考の余計な介入の無い限り、心の示すとおりにすれば良い。
ここでは、勇気が必要である。

無心の願いは、唯一、願って良いものである。
ただし、何をどう願って良いかは、一定のレベルまで成長しないと全く分らない。
分らなくても、信仰を持てれば、それに従い願えば良い。例えば、世界平和の祈りをするとかである。

尚、一昨日も書いたが、願いというものは、1日24時間思い続けることができるほどのものでない限り叶わない。それが可能なのは無心の願いだけである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 心を締める鍵 | Main | 17の時より美しい »

Comments

こんばんわ~。
今日の記事もとってもいいですね、というか私の今日の日記&考えたことと若干シンクロ?してて、ビックリして思わずコメントです(笑)。
無心の願いは、まだよく分かりません・・・頭の願いは、今日区別できたばかりです。感じたことと、頭で考えた結論が違っていて迷うことはよくあります。

小食を始めた当初よりも食事を増やしたということですが、私もKayさんの内容を見て、ちょっと増やした方がいいかなと思っていましたよ。体が大きいのと、体が徐々に適応していくのを、待ってあげた方がいいなと感じたからです。

Posted by: さゆり | 2009.02.06 11:36 PM

★さゆりさん
願いの3種類は、まだ研究中ですが、それぞれ、「頭」「胸」「腹」に対応します。
インディアンは、白人が頭で考えることが理解できないようです。彼らは胸で考えるそうです。頭で考えることと、胸で考えることはまるで違うと思います。
さらに、腹で考えることは違います。私は、腹を鍛えて、腹思考を発達させたいと思っています。

確かに、私はちょっと痩せすぎた感じもありました。
頬がこけて、なかなかカッコ良いのですが(笑)、ちょっと不健康かもしれません。
甲田光雄さんも、少食がたまにズッコケるのは赦していたそうです。また、10年かけて少食になるのも良いとしていたように思います。大病の場合は別でしょうけどね。

Posted by: Kay | 2009.02.07 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 願いには3種類ある:

« 心を締める鍵 | Main | 17の時より美しい »