« 究極の1冊 | Main | 叶う願いと叶わない願いの違い »

2009.02.02

人生最期の楽しみ

私は、世の中に絶望したら、餓死をしたいと思う。
いや・・・餓死こそ私の夢である。

自殺の中でも、餓死だけは罪にならない。
そして、餓死は人間の尊厳を守りながら死ねるのである。

死ねば、どうしても周りの人に迷惑はかけるが、その中で、餓死はせめて最も迷惑のかからない方法なのだ。
死体の処理も最も楽なはずだ。死ぬまでに、汚物も可能な限り少なくできるからだ。
棺おけのサイズも小さくできるかもしれないし、何より棺おけが軽くなる。
一応、葬式無用、墓無用の遺言は残すつもりだが、それを守ってもらえなかった場合の配慮である。

餓死までの間は、念仏(南無阿弥陀仏)を唱え続けるつもりだ。
それは楽しみな時間でもある。
念仏とは、極楽浄土に迎えとって欲しいという願いの言葉ではない。
極楽浄土に迎えとってもらえることの感謝の言葉なのである。

できるだけ長く生き、できるだけ多く念仏し、できるだけひからびて死にたいものである。

ひょっとしたら、生命の炎の消える刹那、あるいは、消えた時、仙人や導師や天狗の仲間に迎え入れられるかもしれないが、それは求めない。

餓死を待つ中で、病気も去り、身体や心の痛みも去るだろう。
その安らぎの中で静かに死ぬのである。
そのためには、普段から食を謹んでおかないといけない。でないと、やはり苦しみが出てくるだろう。

死ぬ前に、知恵と情熱が湧き出て、不意に世間に復帰し、大事業を為すこともあるかもしれないが、それも求めない。
ただ死ぬのみである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 究極の1冊 | Main | 叶う願いと叶わない願いの違い »

Comments

な!な!何ゆうてますのんや!
餓死で死に際の時は、私に気をつけなはれ。
Kay殿に点滴をうって甦らしてしまうやも知れませんぞ。
で、絶望の中に光を見出す、、、
その光は、、何を隠そう、、華ちゃんであります。
うひゃひゃひゃ~

と、まぁ、こうでもして話をはぐらかさないと、
私も120%、餓死論に共感、、か、、?

Posted by: 華文字 | 2009.02.04 06:53 AM

★華文字さん
ありがとうございます。
おかげで復活できそうです。
まあ、最期は餓死すればいいやと思っていると、案外気楽で、心が落ち着き、道が開けるようなこともあるかもしれません。ただ、それは求めませんが^^;

あらら・・・ランキングが1つ上がったと思ったら、第1位の「書之時 華文字」がランキングから消えている・・・

餓死もいいですが、皆で仲良く、笑いながら暮らせる世の中になればいいですねえ。
その時は、1つ、仲良くして下さいな。

Posted by: Kay | 2009.02.04 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人生最期の楽しみ:

« 究極の1冊 | Main | 叶う願いと叶わない願いの違い »