« 私が極端に食を慎む訳 | Main | ニートの掟 »

2009.01.25

日本の真の力は世界の非常識

皆さんも学校で、「日本人は真似は上手いが、オリジナルなものを作れない」とか教えられ、それを信じてしまったのではないでしょうか?
私も愚かにも信じていました。
例えば、日本人は、飛行機や自動車を自分では発明しなかったけど、その基本技術を修得して、より優れた飛行機や自動車を作るのはべらぼうに上手い。しかし、やはり、元々の発明はできない国民だってね。

それはね、目に見える部分しか見ていないからそう思うのですよ。それと、後は日本人に対するひがみも多分にありますよ(笑)。
オリジナル持ってない民族が、オリジナルを作った民族より良いものを作れるはずがないじゃないですか?
日本人のオリジナルは見えないのですよ。日本人のオリジナルは知恵だったのです。
そして、実は日本人のオリジナルの「もの」も沢山あるのですよ。ただ、外国人には、戦争の役に立たないもの、儲からないもの、楽をできないものは見えないのですよ。
日本人って、もともと、戦争道具は作らなかったのですよ。それに関しては輸入専門で、確かに応用しかやらなかったのです。自動車だって、日本の道路状況などを考えたら、それを作ろうという発想はなかったと思います。しかし、知恵と根気があるから、オリジナルをすぐに追い抜いてしまう。それを外国では、やっかみ半分で日本人は真似ばかりと言ったのですよ。

ただ、ある時期から、日本人は真似も下手になりました。
コンピュータの世界でも、日本人が作った基本ソフトウェア(OSやプログラミング言語)の優れたものはありません。
なぜかというと、日本人に知恵がなくなったからです。そして、儲かることや、単に楽になることや面白いことにしか興味を持たなくなったからです。
その中で、日本人のまつもとゆきひろさんの作ったプログラミング言語Rubyは世界的に注目されています。
Rubyもまた、オリジナルではなく応用です。外国で作られたプログラミング言語を発展させたものです。しかし、プログラミングを楽しくし、人々を幸せにする目標があったから知恵が湧いたのだと思います。

竹村健一さんは、昔、有名な言葉ですが、「日本の常識は世界の非常識」と言いました。
確かに、言われることも分かります。特に今の日本の政治家には良い言葉かも知れません。
しかしね、世界で非常識と思われるであろう、日本の素晴らしいものも沢山あるのです。
いや、日本の真の力は、海外から見れば常識を超えているのですよ。
それもまた忘れてはなりません。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 私が極端に食を慎む訳 | Main | ニートの掟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本の真の力は世界の非常識:

« 私が極端に食を慎む訳 | Main | ニートの掟 »