« 塩のチカラ | Main | 少食とダイエットの違い »

2009.01.14

感謝する心を我に

何度かお逢いした政木和三さんは、常に、「自分ほど幸せな人間はいない」と言っておられた。

このように、感謝の心を持てば、幸福が約束されないはずがない。
それは、今、現在への感謝であることを忘れてはならない。
現在が、どんな状況であれ、感謝できることが重要であるのだ。

ただし、口先で「ありがとうございます」とか「感謝します」と言っても、すぐに不満や愚痴が出てくるようでは話にならない。
本当に感謝していないと駄目である。
本当に感謝しているなら、心は穏やかで明るく、不満や愚痴は出てこない。
恵みが欲しいという下心で感謝しても無駄である。
斎藤一人さんは、「ツイてる」「ありがたいなあ」「幸せだなあ」と、それぞれ口に出して千回言えと本に書いていたが、斎藤さんには悪いが、心が穢れた人間ではやはり無駄と思えてならないのだ。

では、感謝の心を持てるようになる秘法を授ける。
極端には、1週間ほど食事を抜けば良い。その後、粥の一杯でも食べれば、その有難さに、心から「有難いなあ」と思うだろう。
ただし、これはお薦めしない。
いったんは、有難いと心から思ったとしても、すぐに忘れるからだ。多分、食べてから数分でね(笑)。
一度だけ極端な断食のようなことをしても何の意味もない。常に、少食にすることだ。
24時間、いつも空腹を感じる程度にしか食べないことだ。満腹など、絶対にしてはならない。
食事の度に、有難さ、感謝の念が起こるように食を節すれば良い。
そうすれば、「有難いとはどういうことなのか」「感謝するとはどういうことなのか」というのが、少しずつ、しかし、はっきりと分かってくる。
おまけに、スリムになって動きやすくなる。食べずに痩せると美しくなる。健康になる。その上、感謝の心を持ち、運もよくなる。
良いことだらけである。

キリスト教の有名な聖者が、ただ1つの望みとして、感謝する心を願ったという話がある。
感謝する心は、俗界においても、宗教においても、実に素晴らしいものである。
それはただ、食を慎むことで得られるのである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 塩のチカラ | Main | 少食とダイエットの違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 感謝する心を我に:

« 塩のチカラ | Main | 少食とダイエットの違い »