« 古事記の神秘な力 | Main | 私が極端に食を慎む訳 »

2009.01.23

人の心の内を知るという意味

人の心の中を覗きたいと思うだろうか?
もし、それができたならば・・・人間に、人生に絶望するに十分であろう。
人がいかに、夫に、妻に、親に、祖父母に、あるいは関係の深い叔父さん叔母さんに、恨みや憎しみを抱いているかは想像を超えている。
そして、例えば親への憎しみを自覚している場合はまだ良い。そうでない場合、その憎しみは心の中で変質し、子供への憎しみに変わり、きっかけがあれば、子供をおぞましいまでに虐待することになる。

古いアダルト漫画で、当然かなり冗談めかしてはいたが、なかなか鋭い作品があった。
12歳くらいの超のつく美少女が登場するのだが、実は彼女は超能力者で、他人の心が読める。電車にでも乗ると、大人の男たちは、そしらぬ顔で、実は彼女に対する性的欲望を燃やすのであるが、そのすさまじさ、おぞましさを、読者は想像を超えると思うか、あるいは想像通りと思うか、あるいは、「俺ならそんなものじゃない」と感じるか(笑)。

だが、絶望させるばかりが本意ではないので、慰めではないが、別の事実も書いておく。
CLAMPさんの漫画「ちょびっツ」で、冴えない大学浪人生の本須和秀樹(もとすわひでき)は、人型パソコン、はやい話がアンドロイドのちぃを愛するようになる。ちぃは、見かけは15歳くらいの大変な美少女であるが、あくまで機械だ。
ちぃの双子の姉であるフレイヤは秀樹に言う。ちぃに心はない。プログラム通りに動いているだけだと。
だが、秀樹は言う。「ちぃの心は俺の中にある」
愛の力とはすごい。平凡な青年である秀樹は瞬間、悟りを開いたわけだ。
この世に他人なんていない。全ての人の心は自分の中にあるのだ。言い換えれば、全て自分なのである。
日本人は、大昔から八百万(やおよろず)の神といって、全てのものの中に神を見ていた。それらの神は、時に荒ぶる神であり、祟(たた)る神であった。古事記に出てくる神々のなんと人間臭いこと。男の神は、美少女を見るとすぐに行為におよび(笑)、次の瞬間には次々に子供が生まれるのだ(笑)。
全ては神の現れだと言うなら、自分もその中に含まれる。そして、不思議かもしれないが、同時に全ては自分の中にある。宇宙とはそのようなものだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 古事記の神秘な力 | Main | 私が極端に食を慎む訳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人の心の内を知るという意味:

« 古事記の神秘な力 | Main | 私が極端に食を慎む訳 »