« ヘレン・ケラーの「楽天主義」 | Main | 感謝する心を我に »

2009.01.13

塩のチカラ

塩化ナトリウム(NaCl)に「食塩」という名前が付いている。
昔、政木和三さんに、塩化ナトリウムに食塩と名前を付けたのは、国(旧厚生省か)の役人だと聞いた。政木さんは、「馬鹿なことをしたものだ」と非難されておられた。
政木さんは、疲れた時に少量の塩を口に入れると言った。医学的常識では、塩の摂取は高血圧を招くとかあるが、それは塩化ナトリウムの場合であり、政木さんは天然塩を摂取するという。天然塩には、マグネシウムをはじめ多くの成分が含まれており、味も甘みがあり、塩化ナトリウムだけの塩とは全く違うもので健康に良いらしい。
だから、塩化ナトリウムに食塩(食べる塩)という名前を付けるなど、言語道断という訳だ。

最近、春日大社の宮司である葉室頼昭さんの著書「神道 見えないものの力」を読んだが、この本の中では「塩のエネルギー」という章を割いて、塩の重要性について、神道と医学の両面について述べておられる。葉室さんは、神道の最高位であり、なおかつ医学博士で、特に形成外科における世界最高の医師であった。
血液は海水とほぼ同じ成分であり、医療でも、生体に活力を与える時には塩分を補給する。また、神道では、祓いの儀式に塩は欠かせない。また、日本では伝統的に塩を多く摂取し、食料保存にも塩漬けという手法を取るなど、塩の効用をよく知っていたことなどが、この本に書かれていた。

「神道 見えないものの力」でも書かれているが、古事記では、イザナミ(女神)と共に最初に地上に降りたイザナギ(男神)は、死んだイザナミに逢いに黄泉の国に行き、変わり果てたイザナミから逃れて生還した時、穢れを祓い、また、疲れを癒すために海に入っている。
この時、イザナギからは実に多くの神々が生まれる。海の中で、イザナギが左目を洗った時に生まれたのが、後に天界(タカマガハラ)の主となる、天照大神(アマテラスノオオカミ)という女神である。
このように、塩は、穢れを祓い、活力を回復させるために重要なものであることが書かれているなど、一見、荒唐無稽に思える古事記には、多くの知恵が込められているものらしい。

そこで、マグネシウム、カリウムを多く含んだ天然塩を買ってきた。舐めてみると、甘いのに驚いた。
身体、もしくは、心が疲れた時に、ちょっと摂取してみると良いかもしれない。イザナギノミコトのように、祓い清められ、回復するかもしれない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ヘレン・ケラーの「楽天主義」 | Main | 感謝する心を我に »

Comments

あけましておめでとうございます!

実は、伯父が食道がんにかかり、放射線治療も受けていたのですが、ミネラルが豊富な海洋深層水を同時に服用していたところ、しゃべることも食べることもままならなかったのが、ほぼ健常人と同じようになるまで回復いたしました。

ギネスに載ったという沖縄の塩も。

人間は海から生まれ、海によって癒されるのかもしれませんね。

今年もよろしくお願いします!

Posted by: 石彫人 | 2009.01.15 at 07:05 PM

★石彫人さん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

伯父さんのお話、すごいですね!
海洋深層水、恐るべしです(恐れることはありませんが)。
実は、私の友人の叔父が、末期の胃癌で余命1ヶ月と言われていたのが、政木和三さんが作った神経波磁力線発生器で、癌が全く消えたということがありました。
私も、塩にはこだわることにいたします♪

Posted by: Kay | 2009.01.15 at 09:38 PM

kayさんへ

こんにちは。
政木和三先生のHPを拝見いたしました。
うちの父親が前立腺がんでして、現在抗がん剤で進行を
止めている状態です。もう77歳なので進行することもなく転移はないようです。kayさんのおじさんは、もしかして神経波磁力線発生器と陰尿療法によって完治されたのですか?よかったら教えてください。

               from ゆう

Posted by: ゆう | 2009.01.24 at 02:02 PM

★ゆうさん
私の友人の叔父さんが、余命1ヶ月の末期癌でしたが、神経波磁力線発生器で完治しました。
これは、以前、下の記事で書いています。
ただ、現在、神経波磁力線発生器は販売されておりません。

http://kay.air-nifty.com/art/2007/07/post_e923.html

現在は、同じ原理の製品である、バイオイーザーというものが販売されているそうですが、こちらに関しては、正直、私にはどんなものかはよく分かりません。
Webで検索すれば、いくつか販売店があります。下記は一例です。

http://nkkd4.hp.infoseek.co.jp/index.html

飲尿療法については、全く存じません。

Posted by: Kay | 2009.01.24 at 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/43731890

Listed below are links to weblogs that reference 塩のチカラ:

« ヘレン・ケラーの「楽天主義」 | Main | 感謝する心を我に »