« 西洋に劣等感を感じることができなくなるには | Main | 内定取消しは、それほど悪いのだろうか? »

2009.01.18

ハルヒとのシンクロと、ハルヒの意味

阪急西宮北口駅周辺は、西日本最大のショッピングセンターである西宮ガーデンズができたおかげで、すっかり人が多くなった。
ことに土日はそうで、西宮ガーデンズの中はもちろん、周辺の喫茶店も混むようになった。
午後3時頃、入れる喫茶店を探して歩いていたら、入れそうなところがあったので入った。
そして、メニューを見て、「あっ」っと思った。「夢(Dream)」が店の名前だ。周りを見回す。
間違いなかった。「涼宮ハルヒの憂鬱」で、ハルヒ達がよく利用する喫茶店だ。
ハルヒやキョン達は、西宮北口駅(小説やアニメでは「北口駅」)の北側の公園で待ち合わせをし、この喫茶店に入るのである。
著者の谷川流氏も、この喫茶店を利用したのだろうか。
入口の正面にあるガラスケースの中に、しっかり「涼宮ハルヒの憂鬱」の小説が置かれていた。

ところで、これは著者が解説したことがあるのかどうかは全く知らないが、「ハルヒ」とは、おそらく「張る霊(ひ)」だと思う。
これは、神道の「祓(はら)い」の語源という説もある。
「張る」は「春」である。春は、草が萌え出でる季節であり、生命が膨張するという「張る」が「春」になったのだ。
つまり、祓うとは、春のように、霊魂にエネルギーを与えるという意味なのである。
私は、今年正月から毎日、「大祓詞(おおはらえのことば)」という祝詞を上げているが、まさに神道家であると共に、ハルヒ信者である(笑)。

Yuki_2
「涼宮ハルヒ」シリーズの登場人物の1人、長門有希(高校1年生)。その正体は、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース。早い話が宇宙人製アンドロイドだ。ただ、有機アンドロイドなので食事はする。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 西洋に劣等感を感じることができなくなるには | Main | 内定取消しは、それほど悪いのだろうか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハルヒとのシンクロと、ハルヒの意味:

« 西洋に劣等感を感じることができなくなるには | Main | 内定取消しは、それほど悪いのだろうか? »