« だからみんな不幸なのだ | Main | 少食で風邪をひくとどうなるか »

2008.12.15

無限のエネルギーは身近にある

アントニオ猪木さんだったと思いますが「元気があれば何でもできる」といったキャッチフレーズを使っていたと思います。
当たり前ですね(笑)。

しかし、昨今流行の「元気をもらいました」なんて言葉を聞くとゾっとします。
どうやれば元気をもらえるか知ってますか?
いじめをすることなんです。
元気をもらおうなんて人は、無意識的にかもしれませんが、いじめをやる人なんです。そして、無意識にやる行動がその人の本質です。意識してやらないといけないなら、本質とは違いますからね。
感動的な話で元気をもらえることは、そう多くはありません。しかも、感動的な話なんて、ほとんどがハッタリか作り物です。そこで、普段は手近な弱い人をいじめて元気を得ているのです。
ただ、そんな人というのは、エネルギーが乏しくて苦しいから、そんなことをしなくちゃいけないわけです。
子供をいじめる親や、逆に、親や家族に暴力を振るう若者なんてのも同じで、いじめる方はエネルギーが枯渇しており、その補充に必死なわけです。
学校や職場のいじめもそう。相手を苦しめることで、まやかしのエネルギーを得るのです。
ひきこもりというのは、知性や感性は正常なのですが、親や教師等にエネルギーを奪われすぎているのです。

エネルギーは外からもらうものではありません。自分の内に無限にあるエネルギーを使うべきなのです。
岡本太郎は、あなたも絵を描くことで、このエネルギーを汲み出せと言ったのです。
本来は、自分の内なるエネルギーを汲み出す方法は宗教にあったはずです。しかし、宗教の権威者が、自分にエネルギーを取り入れるために信者を利用するだけになりましたから、今の宗教はすっかり駄目になってしまいました。

老子や荘子では、この無限のエネルギーを秘めた道(タオ)のことを説き、人はタオと一体化することで無限のエネルギーを得られることを、老子は冷徹に、荘子は面白おかしく教えてくれています。
でも、多くの、老子や荘子の翻訳のあの教科書みたいな書き方では駄目ですね。
と、思いましたら、良い老子がありました。
ちくま文庫の「タオ-老子」です。英文学者の加島祥造さんの訳です。加島さんは、老子は理解できないものと諦めていたそうです。私もそうでした。しかし、加島さんは英訳の老子を読んで、老子の良さが分かったそうです。詩人、画家でもある加島さんが、老子をとても分かりやすく意訳してくれています。

Tao

また、加島さんは荘子についても、親しみやすく分かりやすい意訳にした「荘子 ヒア・ナウ」(PARCO出版)を書いています。
これらを読み、無限のタオから尽きることのないエネルギーを汲み出していただきたいと思います。
そして、すぐに無限のパワーと繋がる方法は、なんといっても少食です。おそらく、老子や荘子を読んでも、食の慎みがなければ、なかなかタオに繋がれないかもしれません。
無限のタオにアクセスするようになれば、不可能なんてあるはずがありません。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« だからみんな不幸なのだ | Main | 少食で風邪をひくとどうなるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無限のエネルギーは身近にある:

« だからみんな不幸なのだ | Main | 少食で風邪をひくとどうなるか »