« 人生の崇高な目標 | Main | 洗練の極意 »

2008.12.29

死にたくなったら、食事を抜け

自殺の中でも、餓死による自殺だけは罪にならないと私は思う。

まず、餓死による自殺は、最も見苦しくない。
切腹など、少しも美しくはない。美化する人も多いが、醜悪以外のなにものでもないと断言する。
もし、死でもって尊厳を示すなら、餓死は切腹の百万倍も優れている。
切腹は崇高でもない。
だが、餓死なら崇高な姿を示せる可能性がある。

もし、死でもって誰かに何かを訴えたいなら、餓死が最も強烈に伝えることができる。
それが恨みであっても、餓死による自殺なら、飛び降り自殺の数百倍、恨みを伝えられる。
しかし、睡眠薬での楽な死など、何のアピールにもならない。

そして、餓死による自殺であれば、ほとんどの場合、死に至る前に、その自殺が馬鹿げていることが理解できる。
また、神仏の救いもあるだろう。

「マジック・ストーリー」という本に、こんな象徴的な話がある。
ある画家が、絵が売れず、仕事もなく、ゆるゆると餓死するか、自殺するかを選択しなければならない状況になった。
当然、ひどく空腹だった。
その時、「マジック・ストーリー」を読み、以後、何をやってもうまくいくようになった。
彼はこれを、「マジック・ストーリー」の力と言うし、それは確かであるが、あくまで空腹だったので威力を発揮したのだ。
たらふく喰ってるやつがそれを読んだからとて何の効果もない。
「マジック・ストーリー」の著者自体、このお話に書いた真理を悟ったのは、食べるものを買えない状況の中でのことだったのだ。

私のことで恐縮であるが、1つの実例をあげよう。
随分前の話だ。私もまた、餓死による自殺を選び、9日、食事をしなかった。そして、10日目に好きな女の子から電話がかかってきた。言うまでも無く、恋愛成就の断食ではないので、そんな意味で真似するな(笑)。
私は、彼女の願いを叶えるために日常に復帰したのだ。

死にたくなったら、食事を抜け。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 人生の崇高な目標 | Main | 洗練の極意 »

Comments

餓死ですか・・。
最近は死にたいと思う事が少なくなりました。
一日一食効果かもしれません。

話は変わりますが、自分の尿を一口飲んでみました。
苦くて毒じゃぁ・・と感じてたんですが美味しかった。

尿を飲んで健康法なんてあるじゃないですか。
あれを実践してみたんです。

もしよければ試してみるのもどうですかね。
まだ一回だけなので効果も何もあったもんじゃないですが。

Posted by: minami | 2008.12.29 at 11:10 PM

★minamiさん
飲尿療法は、医者の中尾良一さんの、極めて真面目なもので、一時、話題になったようです。
ただ、私は、少食と運動で十分健康なこともあり、今のところ、何か取り入れるつもりはありません。
あえて言えば、玄米粉やはったい粉をお湯に溶かして飲んでます。

Posted by: Kay | 2008.12.30 at 09:17 PM

何ともコメントが難しいです。餓死かぁ。切ないけど、今の世間は何処も冷たいし、自分がしっかりと隙を見せない様にしなくては生きて行けなくて疲れるから、たまに餓死とか考えてしまう事も度々ですが。。despair(;ω;)

Posted by: 奈々 | 2011.09.09 at 08:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/43568210

Listed below are links to weblogs that reference 死にたくなったら、食事を抜け:

« 人生の崇高な目標 | Main | 洗練の極意 »