« 現代の我々に最も必要にして実際的な聖典 | Main | 落ちこぼれ、ひきこもりこそ「大いなるもの」である »

2008.12.07

実際的雇用・景気対策

今朝もテレビを付けると、世間の不況を取り上げている。
自動車会社や大手の製造会社での、派遣従業員や期間従業員の契約打ち切りに関するものが多い。

1つには、これらの問題は大変なことであるとしても、マスコミの姿勢そのものにも問題がある。いや、大問題だ。
まるで日本全国が絶望的であると言っており、これを見た人々がまたそれを何も考えずに信じてしまう。
車で買い物に行けば、道路は車で満ち溢れ、それらの車の大半が新しい車で、新車も少なくない。
通勤で電車に乗れば、みんな流行の良い服を着ているし、靴はピカピカ。穴の開いた靴を履いている人なんていない。
日本のマスコミというのは、一方的な見方を大きく取り上げたり、小さなことを無茶に拡大したり、重箱のスミを突っつくしか能がないのである。
早い話が、日本にマスコミなど無いと知る必要がある。
そもそも、不況が深刻だと言ったところで、ロクな対策案を示すことはない。

不況も確かであるので、では、どう対策するかであるが、自動車会社の利益が半分になったというなら、それはつまり、今が正常だと言うことだ。
これまでが異常だったのだ。
アメリカの金融破綻の影響だと言ったところで、その中味の何もない金融バブルに自動車産業もどっぷり乗っかっていたはずだ。

では、どう解決するか?
私ならこう言う。
私の給料は半分でいいから、もう1人雇って欲しい。
テレビで不況問題を偉そうに語る高収入の方は、4~5人で給料を分かてば良い。
それ以外に解決方法なんて実際にはないのだ。
では、私に関して言えば、2人分の仕事はないと言われるとする。なら、働きたい方が働けば良い。インドのどこかの官邸では、定員の2倍を雇い、仕事をしたい人は早くに行って仕事場を確保するらしい。こう言うと、早く行って仕事を取らないとクビになるから必死だというイメージを日本人はすぐに持つ。そんなことは起こらないし、後から仕事場に行って仕事が無かったり、あるいは最初から行かない人にも給料が同じだけ出るし、クビにもならない。働きたい人が働けば良いのだ。人間には怠け者もいれば、働き者もいるのだ。そもそも、仕事が楽しいと感じる者が働けば良いのだ。仕事は楽しんでやるものなのだ。

私は1日1食の菜食で、間食、飲酒を全くしないこともあり、1月の食費は1万円にもならない。ここ数年は、私服は1着も買っていない。
本、DVD、CDは毎月かなり買っているし、ナイフ等の趣味にはさらに相当つぎ込んでいるが、全部やめても良い。もう十分持っている。
本も、今後、一生繰り返し読める良いものが集まった。

大抵の人の食費は半分にできるはずだ。
そうすれば、健康になり美しくなって、お金もあまり必要でなくなる。
医療費だって節約になる。
心も穏やかとなり、平和が近付く。
こういったことを、すぐに完璧にやるのは難しいかもしれないが、こういった方向に向かうしか人類に未来はないと思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 現代の我々に最も必要にして実際的な聖典 | Main | 落ちこぼれ、ひきこもりこそ「大いなるもの」である »

Comments

最近また食べるようになってきてしまいました。
気をつけます。

Posted by: minami | 2008.12.07 12:10 PM

★minamiさん
昨日の失敗は忘れてしまい、また今日から始めれば良いと思います。

Posted by: Kay | 2008.12.07 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実際的雇用・景気対策:

« 現代の我々に最も必要にして実際的な聖典 | Main | 落ちこぼれ、ひきこもりこそ「大いなるもの」である »