« ひきこもり、宇宙へ | Main | 最強の呪文達 »

2008.12.10

労働せずにお金を稼ぐ

ひきこもりの問題というのは、それだけではないのかもしれないが、経済面、つまり、お金の問題だと思う。
衣食住をまかなうお金さえあれば、家で静かに好きなことをして過ごせば良いのだと思う。

ひきこもりの人は、要は、世間と関わるのが嫌なのだろう?
私の場合はそうである。
そして、世間と関わるのが嫌だというのは、決して欠点でも異常でも何でもない。極めて正常なことだと思う。
なぜなら、世間の代表とも思える、会社、学校は根本的に異常で狂気の世界である。そこに関わればそれなりの意義があるのかもしれないが、できれば関わらない方が良い。それを、学校や会社に行けないことが悪いことのように思い込まされ、がんばったり、努力したり、成長したりすることで、そこに行けるようになるのだという馬鹿げたことが平然と言われている。

お金さえあれば、ひきこもりだって平穏に暮らせるのだ。それだけでなく、ひきこもり本来の持ち味である感性と知性を開花させ、創造的に生き、世界に貢献することだってできる。

少なくとも現代の日本においては、学校、そして特に会社と関わらずにお金を得ることは不可能な仕組みになっていると思われる。
いや、本当のことを言うと、お金を儲ける方法について、極めて狭い範囲しか見えないように我々の意識がコントロールされているのである。前しか見えないマスクをかけられた競馬の馬のようなものだ。
実際は、会社に関わったり、あるいは、その他のあまり有利でないお金儲けの方法とは別の、お金を得る方法は沢山、ほとんど無限にあるのだ。しかし、そうは言っても、子供の頃から、学校やマスコミに教育されてきた我々にはそれは全く見えないのである。
精神にはめ込まれた枷を外せば、いろんなことがぱーっと見えてくる。「なんだ!簡単じゃないか」と驚く。そんなものだ。
確かに、ホリエモンは現代日本のビジネス常識の枠外にある、とてつもなく効率の良いお金儲けを見つけ、喜んでそれをやったのだが、我が国ではあんなやり方は認められない。別にそれが正しくないからと言うのではない。あんなこと、海外では普通だ。単に、国家やこれと共謀する、ホリエモンと同種の欲望集団が利益を失う可能性があるから認められないだけだ。悪いが、ホリエモンが裁判に勝つことはないだろう。さっさとお金を海外のシークレットな銀行に移した方が良い。スイスなら普通にやってくれるのだが。

お金儲けに成功した人の中にはよく言われる。
「お金を儲けるなんて実に簡単なことだ。ちゃんと使うのはなかなか難しいけどね」
土台、お金儲けに成功した人で、世間を崇拝してきたやつなんていない。もちろん、心身をすり減らして、あまり割に合わない官僚みたいなことをやっている人は別だ。
ITの世界でも、世界一の大富豪ビル・ゲイツはハーバード大学中退。ゲイツと一緒にマイクロソフトを設立したポール・アレンもニューヨーク州立大学中退。ゲイツのライバルのスティーブ・ジョブズはリード大学中退。ジョブズのかつてのパートナーで天才技術者のスティーブ・ウォズニアックはコロラド州立大学中退。ゲイツのもう一人のライバルとも言われる、オラクル社CEOのラリー・エリスンはシカゴ大学中退だ。
日本マイクロソフトの元会長で名高い古川亮氏(慶応大学教授)は和光大学中退。アスキーの創業者で有名な西和彦氏は早稲田大学中退(後に工学院大学大学院で博士号取得)である。

まず、何をすべきかというと、学校や会社に行けないからって、自分を駄目な人間、劣る人間だと絶対に思わないことだ。学校や会社に平気で行ける人間より優秀だと思え。
医者でもらった病名なんか忘れてしまえ。そもそも医者になんか行くなと言いたい。しかし、判断は任せる。そんなことで私に責任を求めているようではそもそもだめだ。
世間や社会の価値観には完全に背を向けよ。東大に入る人間が優秀だなんて夢々信じるな。
高校野球なんかに感動するな。24時間テレビを笑え。オリンピックなど嫌悪するようでないと駄目だ。
学校やマスコミを通じて価値を押し付けてくるものは全部否定するくらいの心意気が必要だ。

それと同時に、食を厳しく慎むことが必要だ。これだけは必要なのだ。
食を慎んだ時の自分を感じることで、社会に植えつけられた盲点がかなり外れる。
内臓がエネルギーを必要としなくなり、エネルギーが回された脳に、これまで使ったことのなかった力が解放される。
そして、世の中の常識を引っくり返す書物、例えば、老子や荘子を読め。老子は難しいかもしれないが、荘子は面白いだろう。
これを続けると、後一歩だ。
働かなくても、また、怪しげなことをしなくてもお金を稼げるようになる。
だが、根本は、自分だけの平和でなく、世界の平和を念願して欲しい。その世界の中に自分も含まれる。自分の平和を願うのではなく、自分も込みで世界の平和を願うのだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ひきこもり、宇宙へ | Main | 最強の呪文達 »

Comments

> 労働せずにお金を稼ぐ

引きこもりの一番の問題です。
俺もこれは本当に悩んでます。
最近は金を稼ぐんじゃなくて、ひきこもりながら生活出来ないか悩んでます。
ロボットがあればいいとか・・。
早めにシステム組めるように頑張ります。

Posted by: minami | 2008.12.10 at 10:17 PM

★minamiさん
ロボットはいりません。
ぼちぼち、ひきこもりと芸術家のためのお金儲け法について書こうかとおもっています。
お金なんて、わけありません。

Posted by: Kay | 2008.12.11 at 09:35 PM

カラオケですが、あんなくだらない事なんでやるのかと思います。私にはカラオケが楽しいという感覚は皆無です。
でもアニメの「かんなぎ」の主要メンバーがカラオケで歌う様子を見ると現実のカラオケとはけた違いに楽しそうです。

かんなぎ 第10話 カラオケ戦士 マイク貴子 猫が唸る感想日記-ウェブリブログ
http://nekoko.at.webry.info/200812/article_7.html

今、本多信一さんの本を読み返しています。多数派の価値観に影響をあまり受けないようにする事が必要だと感じます。

Posted by: market_3e | 2008.12.11 at 10:16 PM

Kayさん
今ある資産(畑)を生かすのは、それしか無いものだと思ってました。
考えが固定化されてたんですね。

> ひきこもりと芸術家のためのお金儲け法

楽しみに待ってます。引き続き小食続けますね。
そういえば、母親から遠まわしに基地外っぽくなくなったと言われました。
顔を洗いに鏡を久し振りに見たら、顔がシャープになってて本当に嬉しかった。

Posted by: minami | 2008.12.12 at 12:02 AM

★market_3eさん
私もカラオケは好きでありません。スターの気分にでもなれるのかな?(笑)
アニメの世界は、世間的な現実とは違いますからね。
はい、多数派はいつも間違っています。


★minamiさん
顔がシャープになった・・・良かったですね!
これも少食の楽しさの1つであることは否めません。
畑をお持ちですか?
ちょっと羨ましい。

Posted by: Kay | 2008.12.12 at 10:05 PM

今のコンピューター・インターネットを使えば、自宅に引きこもってお金を稼ぐ方法は、いくらでもあるでしょう。
私は、別に人付き合いが嫌だからというわけではなく、むしろもっと世界中の人と働きたくて、会社を辞めて、これで3年になります。自分のペースで仕事できるのはありがたいですが、自己節制と、あと、私の場合時々寂しくなるのが課題です。

Posted by: アケミ | 2010.08.23 at 02:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/43380396

Listed below are links to weblogs that reference 労働せずにお金を稼ぐ:

« ひきこもり、宇宙へ | Main | 最強の呪文達 »