« 意図無き行為 | Main | 無限のエネルギーは身近にある »

2008.12.14

だからみんな不幸なのだ

居酒屋などでよくある風景。
「生(ビール)おかわり!」
「は~い!」
「焼酎おかわり!」
「は~い!」
私はおかわりなんて不要だ。
ビールなんて中ジョッキ1杯で十分以上だ。
梅酒お湯割などを注文することもあるが、1杯で十分だ。
それ以上は全く不要だ。
別に我慢でもなんでもなく、それ以上飲むと不味くなる。楽しくなくなる。
身体にも悪いし、不幸になる。
だからみんな不幸なのだ。金融不況など、何の関係もない。

以前、腰回しダイエットで有名なSHINOさんがテレビ出演し、芸能人達に腰回し運動を指導していた時。
久本雅美さんが、「これ、けっこう効きますね」と言った。
SHINOさんは困った顔で、それでも「そうですね」と答えた。
久本さんは、「効く」を、きつい(厳しい)とか、シンドイという意味で言ったことは間違いない。
それでいうなら、効くはずがない。こんな軽い運動。
久本さんの頭には、ダイエットになるような運動なら、きつくて当たり前という固定観念がこびりついているのである。
久本さんだけでなく、他の芸能人達にも「この程度で痩せるはずが」という雰囲気が一杯で、カールスモーキー石井さんはおちゃらけて派手に腰を振る始末。
彼らだけでなく、大半の人がそうであろう。
だからみんな不幸なのだ。

では、なぜ皆、そんなおかしなことをするのかと言うと、一言で言えば、余計なことを考え過ぎるのだ。余計なこととは、根本的には欲から出る考えである。
そのせいで、「ただやる」ということが出来なくなっているのが現代人の不幸なのだ。
酒を飲むなら、ただ飲めば(飲ませれば)良いのに、「もっと飲まないと楽しくないのでは」「もっと飲ませないと立派な人間に見られないのではないか」と考える。腰回し運動なら、ただ腰を回せばいいのに、「こんな楽なものがダイエットのはずがない」「何か面白いことをして注目を集めねば」などと下らないことを考えてしまうのである。

人は、余計なことを考えず、自分にできることをただやれば、何事もうまくいくはずなのだ。
ところで、武士が、殿様に誰それを殺せと命ぜられて、それを実行するのは、むしろ余計なことを考えるせいである。本当に殺すべきなら、余計なことを考えずに殺すが、殺すべきでないなら、殺さずにやるべきことをただやるだろう。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 意図無き行為 | Main | 無限のエネルギーは身近にある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference だからみんな不幸なのだ:

« 意図無き行為 | Main | 無限のエネルギーは身近にある »