« 芸術家を名乗るに値する者とは | Main | 実際的雇用・景気対策 »

2008.12.06

現代の我々に最も必要にして実際的な聖典

Souhou

私の最大の聖典「相法修身録」の現代語訳「食は命」(成星出版)だ。1813年に観相家の水野南北が著した「相法修身録」を編集し、現代語にしたものである。

人間にとって最大の弱みは食欲だ。
性欲や睡眠欲なんてたかが知れてる。これらには限度がある。いくら寝たいからって、1日20時間も眠れない。
食だけは、必要量をはるかに超えて欲しがる。そして、食べれば食べるほど、どんどん強まるのが食欲だ。美味しいものを食べれば食べるほど、もっと美味しいものを食べたくなる。こんな奇妙な性質を持つ欲望は食欲だけだ。
「千と千尋の神隠し」で、千尋の両親が際限なく食べ続け、ついに豚になる場面を知っているだろうか?あれが現代の日本人やアメリカ人の、我々の姿なのだ。
だが、最大の弱みであるなら、そこには必ずプラスに転じる鍵がある。
食を慎みさえすれば、最大の徳を積むこととなるのだ。
幸運の秘訣は陰徳である。人に知られることなく良いことをすれば、天に徳を積むこととなり、幸運となる。
そして、食を慎むことは最大の陰徳なのである。食を慎みさえすれば、望まなくても幸運に恵まれ、健康で美しく、そして賢くなる。
面白いことに、食を慎むことは、人に知られても、その苦しさゆえに陰徳となる。他の慈善であれば褒められるが、少食であれば、現在であればむしろ憎まれるしね(笑)。

「相法修身録」には、食を慎むべきことが、いや、食を慎むべきことのみが繰り返し書かれている。食が全てであるのだから当然なのだ。
残念なことに、我々を幸福にし、世界を救う極めて稀有なこの本は入手が困難かもしれない。中古本ならAmazonなどで買えると思う。
世間が好まない本であり、国家やこれと結託する欲望集団が忌み嫌う本だ。だからこそ読む価値がある真に優れた本なのだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 芸術家を名乗るに値する者とは | Main | 実際的雇用・景気対策 »

Comments

はじめましてm(_ _)m
せつなさんのところから参りました。
知識が豊富で着眼点が良く、とても勉強になるブログですね。
1日1食間食ナシの生活を続けられていること、尊敬します。私は体調不良だったころは小食ができたのですが、回復したらお菓子とか甘いものとかやめられなくて困っています。人間の食欲は恐ろしいです・・・。

Posted by: さゆり | 2009.02.01 01:31 AM

★さゆりさん
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
私は昨年8月まで、大変な大食で、お菓子も大好き。特に、チョコレート、シュークリーム、ヨウカン、ケーキ・・・・嗚呼、食べたい!!(笑)
だけど、不思議と、大した苦労もなく、食べずにいられております。
1つには、大食する人間を見ていたら、お仲間になりたくないという思いがあるようです。
世界平和のために、皆が楽に少食になる方法でもあればと思っております。

Posted by: Kay | 2009.02.01 02:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 現代の我々に最も必要にして実際的な聖典:

« 芸術家を名乗るに値する者とは | Main | 実際的雇用・景気対策 »