« リエンジニアリング~破滅と再生~ | Main | 芸術家を名乗るに値する者とは »

2008.12.04

求めなければ絶対に大丈夫

台湾生まれのアメリカ人作家チン・ニンチュウは、不幸な少女時代を過ごしたこともあり、偉大な努力をして事業家として大成功した。
しかし、彼女はある夜、啓示的な夢を見る。自分は羊で、羊飼いに世話をされていた。そして目が覚め、悟った。自分は何もする必要はない。ただ、神様にしっかり面倒を見てもらえば良いのだと。

これが、仏教、キリスト教を問わない宗教の根本的な教えであると思う。
インドの偉大な聖者、ニサルダガッタ・マハラジはこう言った。「不要なものを求めなければ、必要なものは与えられるのだ」と。
これは、「必要なものを求めよ」と言っているのではないことに気を付けないといけない。
不要なものを求めなければ、必要なものは求めずとも得られるのだ。
つまり、「何も求めるな」と言っているのである。
イエスも「神はあなた方の必要なものくらいとっくにご存知だ。そんなものは求めずとも与えられる」と言ったではないか。
しかし、イエスは「求めよ、さらば与えられん」と言ったではないかと言われるかもしれない。
これは、唯一価値のあるものを求めよと言ったのだ。
では、唯一価値あるものとは何か?
イエスは「探せ」と言ったではないか?
どこを探すのかと言うのか?
心に決まっている。世界は心の中にあるのだ。
イエスは、ノックしろと言っている。自分の心の扉をノックし続ければ、それは開かれるのだ。

いずれにしろ、必要なものは望まずとも与えられるので心配する必要はない。
巨万の富があなたに必要かどうかは分らない。しかし、必要なら与えられる。必要もないのに求めないことだ。
逆に言えば、求めてどうなるものでもない。神様にまかせるしかないではないか?
得られればそれが神の意思であると共に、自らの意思であり、得られなくても同様だ。

道教の荘子は、更に徹底し、無用、無為を教えた。
無用、無為に徹すれば、一切の危ういことはなく、無敵である。
これを無用の用、無為の為と言う。

CLAMPの漫画・アニメの「カードキャプターさくら」では、さくらの最強の呪文は「ぜったい、だいじょうぶだよ」であった。
我々もそれを知り、安心して心を動揺させないことだ。
斉藤一人さんは、「困ったことなんかおこるはずがない」と言った。困ったと思う出来事が起こっても、それが困ったことではないと分かれば、現実の方がぱっと変わるのだ。
ニサルダガッタ・マハラジが言ったとおり、「不要なものを求めなければ、必要なものは与えられる」と知るべしである。
全てをまとめて、一言でこの世で最も貴重な呪文を教えるなら「求めるな」となる。

だが、人間は欲が深く、どうしても不要なものを求めてしまう。
特に、他人が良いものを得ればそれを羨み、同じか、それ以上のものをどうしても欲しいと思う。
それをそそのかすことで金を儲け、欲望を満たそうとする輩も多い。
仏教では「知足(足るを知る)」と言って、そのような誘惑を逃れることで幸せになると教えるが、それができない。
しかし、不要なものを求めれば、必要なものまで得られなくなる恐れがある。
イエスも言った。「持っている者には更に与えられ、持っていない者は、持っているものまで取上げられる」と。
あえて余計なことを言えば、不要なものを求めなければ、いくらでも与えられるのである。いや、余計であった。こんなことを教えると、不要なものまで得ようと、不要なものを求めないフリをするのが人間だ。しかし、神を誤魔化せるはずがない。

では、不要なものを求めない、清い心を得る簡単な方法を教えよう。
それは、食を慎むことだ。
食事の量を腹八分目と厳しく定め、美食を遠ざける。それだけで良い。
ただし、常にそうすることだ。
数日断食しても、それが過ぎればこれまでの飽食に戻るなら、かえって悪いのである。
また、日頃少食で粗食であるのに、時に大食・美食すれば、大いに災いである。
結果として、少食・粗食であれば、健康で財にも恵まれ、家族も幸福となる。
これは、健康や財運という餌を先に示しても問題ない。少食・粗食でさえあればそれは必ず得られる。
だが、「求めない」という崇高な心を持たないと、少食・粗食は難しいかもしれない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« リエンジニアリング~破滅と再生~ | Main | 芸術家を名乗るに値する者とは »

Comments

まったく同感です。

求めない心は大切ですね。

私も、小食・粗食を心がけているのですが、最近では求める心が少なくなってるから面白いです。以前は求める心で一杯でしたが、今では穏やかな日々を過ごしています。

Posted by: クマ | 2008.12.05 at 08:42 AM

ゆっくり自分のペースで続けていきます。
暴食しているより、今の方が少し楽なような感じがします。
オナ禁もしているので、その影響もあるのかもしれませんが。

Posted by: minami | 2008.12.05 at 11:12 AM

★クマさん
素晴らしいことですね。
私も見習おうと思います。

★minamiさん
楽かどうかと聞かれたら、私はかなり苦しいです(笑)。
でも、食は厳しく慎んでいるつもりです。

Posted by: Kay | 2008.12.05 at 09:31 PM

> Kayさん
自分はまだ途中で水を飲んだりしてるのでダメです。
コーヒーも飲んでます。

Posted by: minami | 2008.12.05 at 10:31 PM

★minamiさん
水やコーヒーなら良いのではないでしょうか?
まあ、何が良いか悪いかは自分で決めることですけどね。
ココアやミルクティーやカフェオレなら、あまり多いと問題とは思いますけどね。
私もコーヒーは1日1~2杯飲みます。

Posted by: Kay | 2008.12.05 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/43320474

Listed below are links to weblogs that reference 求めなければ絶対に大丈夫:

« リエンジニアリング~破滅と再生~ | Main | 芸術家を名乗るに値する者とは »