« あなたとは違う | Main | 日本の昔話に学ぶ幸福の知恵 »

2008.12.21

奇跡とその前兆

私は、朝食も昼食もとらないので、会社での昼休みも、特に行くところもなく、自分のデスクにいる。
しかし、ある日、ちょっと銀行に行き、ついでに百貨店の中の書店に寄ってみた。すごい人ごみだったが、驚いたことに、他の人が全員止まっているように見えた。
世界の中で私だけが動いている。
サイボーグ009の加速装置の世界だ(笑)。
あるいは、H.G.ウェルズの「新加速剤」の世界である(サイボーグ009の加速装置は、この新加速剤をヒントにしたと思われる)。
私は、他の人をすいすいと追い抜き、楽々と書店に到着した。これも少食・粗食の力に違いなかった。
改めて、少食・粗食の力を思い知った。少食・粗食は、バイオ加速装置を作るのだ(笑)。
しかし、この現象は、奇跡の前兆だったのかもしれない。以下に述べる。

いくつか欲しかった本が頭の中にあったのだが、ことごとに見つからなかった(後で全てAmazonに注文して既に入手した)。
そこで何を思ったわけでもないが、詩のコーナーに身体が動いた。
すると驚いた。北星堂書店出版の「W.B.イェイツ全詩集」が置いてあった。
10年ほども前から欲しいと思い、しかし、入手できずに手に入れることを諦めていたものだ。

Yeats

もともとはイェイツの名前は知らなかったが、不思議な出来事で彼を知ることになった。
10年ほど前、私はテーブルの上に何の意図もなく、3冊の本を重ねて置いていた。
「至高体験」(コリン・ウィルソン)、「神秘の薔薇」(W.B.イェイツ)、「美少女戦士セーラームーン14巻」(武内直子)である。
イェイツの「神秘の薔薇」は、単に装丁が気に入って買っただけだった。
しかし、偶然にも、「至高体験」と「美少女戦士セーラームーン」の両方にW.B.イェイツの名前が出ており、しかも、非常に重要に扱われていた。
ウィルソンが引用したという「イェイツ全詩集」は、翻訳では、北星堂書店から出ていることを知った。当時、まだAmazonはなく、クロネコヤマトのブックサービスに、同じ北星堂のイェイツの「ヴィジョン」と共に、この「W.B.イェイツ全詩集」を注文したが、「ヴィジョン」は届いたが、全詩集は入手不可という返事だった。私はいくつかの大きな書店にも探しにいったが、見当たらなかった。Amazonが出来てから検索したが、常に入手不可だった。それですっかり諦めていた。
イェイツの詩集は何冊も買ったが、いずれも満足できなかった。そもそも読めない漢字がやたら使われていた(笑)。
そして、ついに、北星堂書店の「W.B.イェイツ全詩集」を手に入れた。これまでの、どのイェイツ詩集よりずっと良かった。とても読みやすく、しかも全詩集だ。こんな素晴らしい本を、もっと出版しないのは残念なことである。

尚、他に気に入ったイェイツ詩集がなかったと書いたが、最近一つあった。「イエーツ訳詩集 最後のロマン主義者」(加島祥造 港の人刊)である。先日も紹介した通り、加島さんは、老子、荘子の素晴らしい本を書いているが、本来は英文学者であり、自ら詩人である。これも素晴らしい詩集であった。また、画家でもある加島さんは、イェイツの「あなたが年をとって」と一体になった絵を描いておられた。これがまた素晴らしい。実は、イェイツもまた画家を目指して美術学校で学んだこともあった。彼の父親は肖像画家であった。
最近、良い本にばかり逢う。これも少食・粗食の奇跡であろう。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あなたとは違う | Main | 日本の昔話に学ぶ幸福の知恵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奇跡とその前兆:

« あなたとは違う | Main | 日本の昔話に学ぶ幸福の知恵 »