« アメリカ国民の問題 | Main | 人気スポーツ選手の引退について »

2008.11.11

本日は健康診断を受けてきました

本日は健康診断でした。
私は、医療なんて全く信じていないのでどうでも良いのですが、今は会社法がいろいろややこしく、すっぽかすと会社に迷惑がかかるようでとりあえず受診しています。
好きな時に、会社の指定する病院で受診すれば良いという方法です。
最近の病院は、警備の方も含め、非常に愛想がいいですね。受付の女性も可愛い方が多いですし、行くのが嫌ではありませんけんどね。

私は、腹囲の測定は40歳以上のみだと勝手に思い込んでいましたが、単にこれが今年から新たに検査項目に加わったというだけで、必須検査項目ではありませんが、医者が省略して良いという判断をしない限り、全員測定するようです。ちょうど、昨年までの検尿と同じです。尚、検尿は今年から必須となったようです。
私は、腹囲なんてものを測ったことがなかったのですが、一般にいうウエストサイズと違い、お臍の位置でお腹回りを測るようです。ウエストサイズよりいくらか大きくなるようです。
私は、自分のウエストサイズもよく知りませんが、洋服屋でウエストサイズを聞かれたら、「70ちょい」と答えていて、それで間違いないようですが、腹囲を測ってもらったら75センチでした。やはりウエストサイズより少し大きいかもしれません。

ある統計によると、30代、40代男性では、約半数が、腹囲がメタボ検診でアウトとされる85センチを超えるらしいです。平均で83.9センチとか。
腹囲だけで決まるのではありませんが、メタボ検診の対象となる40代男性では、4人に1人がメタボにされるらしく、我が国のこの厚生労働省の基準には批判も多いようです(腹囲だけなら、40歳以上なら7割くらいがメタボになるかもしれません)。
だけどね、厚生労働省の基準なんて何とも思いませんが、不健康な人の割合ならもっともっと多いと思いますよ。
メタボの人に医療がどんな指導をするのかは知りませんが、効果があるとは思えません。
健康になりたいなら、間食と朝食をやめ、少食・粗食にすればいいだけのことです。それなのに、3食しっかり食べろとか、栄養バランスを取れとか、肉食も必要とか言うのでしょう?おまけに、最近は病院でも、製薬会社と組んで高価なサプリメントを薦めています。
私は病院に近寄るつもりは毛頭ありませんが、まあ、検診以外で関わることはないでしょう。

ところで私、採血するにも、血管がほとんど見えないのです。無駄な脂肪は全くないのですが、肌の表面が全く滑らか均質で、看護師さん泣かせです。私は「遠慮なく、ブスブス刺しまくって下さい。なんなら手の甲でもいいですよ」と言ってあげます。
今回も、一度だけ刺し直しをされましたが、それでも1回だけでしたので、かなり上手な方と言えます。5~6回刺されても仕方ないと思ってます。あ、痛みに鈍感ではなく、むしろ普通の人より敏感かもしれません、くすぐりには極端に弱いですしね(笑)。

Wengernr
内容とは関係ないですが、ナイフコレクションの紹介です。
スイスのウェンガー社のニューレンジャーです。大変にシンプルなナイフですが、ライナーロックを採用した安全なナイフで、ハンドルの上面のウェンガー社のマークを押すことでブレードのロックが外れます。
ブレード長は90mmと大きく、切れ味良く錆びないイノックス鋼です。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« アメリカ国民の問題 | Main | 人気スポーツ選手の引退について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本日は健康診断を受けてきました:

« アメリカ国民の問題 | Main | 人気スポーツ選手の引退について »