« 1日1食の少食生活が4ヶ月経過 | Main | 人生を豊かにするアナログ主義のお話 »

2008.11.08

不良星人としての挑戦

私などは、食べたい欲求とかなり戦いながら少食を実践しているが、世の中には苦労もなく少食ができる生まれつき食の細い人もいる。
生まれつき食の細い人は、恵まれた人間である。私は、こんな人たちを、高校生の頃からなぜか「優良星人」と呼んでいた。不適当な感はあるのであるが、以下でもこの用語を使う。これに対する用語は「不良星人」である。つまり、私は不良星人である。

生まれつきの美人、生まれつき頭の良い人、生まれつきの才能に恵まれた人といったものは確かにいる。
ニュートンは「私の才能は神から預かったもの」と言ったが、預けてもらえたのはやはり幸運であろう(時には不幸も起こるが)。
では、才能に恵まれることは幸福なことであろうか?
あるいは、いかなる才能が最も幸運なのであろうか?
水野南北は、紆余曲折の求道の中、50日間の断食と水行で、「食が全てである」という啓示を得た。
そして、彼がその道を極めた観相も確かに素晴らしかったが、百発百中ではなかった。しかし、食による運命鑑定では万に1つも外れず、運命向上に関しても同様であった。
これが真実であるとするならば、最も恵まれた才能は少食ということになるが、私はそうであると確信する。

世の中には、「わが子はあまり食べない」と心配し、何とか沢山食べるようにしようと努力し、念願かなって子供が沢山食べるようになると喜ぶ親がいるそうである。確かに、子供に何らかの有害な精神的抑圧があって必要なだけの食事ができなくなっているなら問題があるのかもしれないが、単に食べる量が少ないのであるというだけなら非常に良いことと思う。その子は人々に慕われ、特別な才能を発揮し、幸福になれる可能性があると思う。
それを無理に食べさせるなどもっての外である。

生まれつき食の細い、幸運な著名人として、最近、世間を騒がしている小室哲哉さんがいる。
確かに、良くないことで騒がれるようになったが、それも過去の優れた功績のせいであると思えば、一概に哀れむということもない。
小室さんの全盛期に見たテレビ番組で、小室さんが自ら少食であることを明かし、「せめて喫茶店で、一人前のピラフを食べられるようになりたい」といったことを言っていたのを思い出す。
一人前のピラフを食べきれないなど良いことではないかと思うが、そのようなことを言うとは、小室さんも世間的価値観に毒されている部分もあるのかもしれない。
小室さんは少食ではあるが、いや、超少食であるからこそ、並の人間とは比較にならないエネルギーでもって、長時間のハードな仕事をこなし、天才的才能と意思の強さまで兼ね備えていることから大成功を収めることができた。

通常、食を節制することができれば、全てにおいて慎みを持つものである。
しかし、小室さんはそうではなかった。
彼が派手で豪華な生活をするのは、単なる見栄っ張りなのか、あるいは、我々が知らない原因があるのかは知らないが、あまりに慎みに欠けており、当然ならが転落した。
ここらは、もしかしたら生まれつき食の細い人が陥りやすい不幸であるのかもしれない。
食べたくないから食べないという人は、食を節制しているという感覚がないので、慎みを持ちにくいものであるのだろうか。

私は、小室さんの音楽はあまり真面目に聴いたことがないのだが、多分好きである。
ただ、大衆の支持するものには、本筋から離れた歪みや逸脱があるので、わざと近寄らないようにしていた。特に有名な曲の中には、明らかに嫌悪感を感じるものもあった。しかし、やはり素晴らしい歌が多い。
Yahoo!動画でアニメの「シティーハンター」をよく見たが、そこでTM Network時代の小室さんの曲も聴けるが、これらも実に素晴らしい。当時とか、今の時代の雰囲気といったようなこととは全く関係なく、非常に個性的で独特であると思う。

水野南北も、食を節しさえすれば十分とは言うも、住居や衣服などを飾り立てる人間は衰運に向かうと言っていたようだ。小室さんの場合、普通は最も難しい食の節制が簡単なので、そちらの方で逸脱が起こるのかもしれない。
小室さんには立ち直って欲しいと思う。やり直しの効かない人間なんていないと思うし、彼の場合は、いずれにしても少食でしかも天才だ。事業になどに手を出さず、音楽家に専念すれば良いと思う。
70億ほどの債務が原因で転落していったが、香港でのビジネスで協業したマードックにとっては、そんな額ははした金。所詮、ビジネスマンとしては器が違う。お金ではない価値のあるものを求めて欲しいものである。

ついでに言うが、小室さんと離婚した女性への慰謝料が7億円ほどにしていたと聞く。大物芸能人の離婚話ではよくある話であるが、7億も取ろうとすることが私には信じられない。例え、小室さんが払うと言ったところで、いくら取ってもせいぜいが1億までにしておくものである。
しかも、子供の養育費も毎月200万円としているとも聞く。これでは、何の苦労もなくなってしまうではないか。
その程度は当たり前と言う方も多いとは思うが、それは一部の価値観であり、正しいことではない。
そんな慰謝料を取った女性は、その後の人生はロクなことにならないはずだ。
いっそのこと、慰謝料などいらないと断れば良い。そうしたら、我々は、その女性の高潔さに心打たれるだろう。それはつまり、それが最も良いことであると、我々は心の奥で知っているからだ。
離婚については、いずれか一方が全面的に悪いということはない。
それでも、出来るだけのことをするのが男の誠意という面も確かにあるので、男の方が高い額を申し出ること自体は良いことである。しかし、女性の方は男を思いやり、男にとって余裕のある金額で手を打つべきである。そうすれば、その女性の人生も良いものになるはずだ。

小室さんは、羨むべき優良星人である。
あまり数は多くはないが、巷にも優良星人は存在し、不良星人の私は、明らかな生まれの違いにひがんでいたこともあった。不良星人が努力している頭の上を軽々と飛び越える優良星人達。
生まれながら尊い宝を持つ生まれながら天使に近い人達。
NHK大河ドラマ「北条時宗」で、時宗と違い、正室の子でない兄の北条時輔が言った言葉
「持たざるものがどこまでやれるか」
に強く共感したものだ。時輔は持たざる身で、持てる者に挑むのだ。
不良成人である我々も、意思の力で食を節することで、優良星人に挑戦することもできる。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 1日1食の少食生活が4ヶ月経過 | Main | 人生を豊かにするアナログ主義のお話 »

Comments

いつもおせわになります。
今日の書き込みを読んで、歌手の美輪明宏さん
の事を思い出しました。
彼は昔から著書などで、慎むことの大切さ、
群れずに一人で生きる美しさなどkayさんとも
似た価値観を持っていると思います。おそらく
彼も大食いでは無いでしょう。
(もし美輪さんが嫌いでしたらスミマセン。)

「もっともっと」から「ほとほどに」と
気づいた人は、美しく幸せな人生を
おくれるのではないでしょうか。

Posted by: でるお | 2008.11.08 at 10:36 PM

★でるおさん
いえ、こちらこそお世話になっております。
美輪明宏さんですが、正直、イメージ良くありません^^;
特に、江原さんの番組に出るようになってからはなおさらです。美輪さんより、江原さんに抵抗があるのです。
ただ、美輪さんが稀有な凄い人物であるということは十分に認めております。
では、美輪さんの本も読んでみることとします。そしたら、「こんな素晴らしい人をこれまで無視していたのか!」と後悔するかもしれません。
「ほどほど」大切なことですね^^

Posted by: Kay | 2008.11.09 at 04:30 PM

あはは。
美輪さん、私は好きなのですけど、
アンチの方も多いんですよね。
理由は分かります、はい(笑)。

>美輪さんの本も読んでみることとします

あらら、恐縮です。
いつか感想も聞かせてもらえたら嬉しいです。
kayさんらしい見方もあるのでしょうね。

ちなみに私は「引き寄せの法則」でググッてた時、
こちらのサイトを知ったのですよ、
まさに引き寄せれて嬉しく思っています。

Posted by: でるお | 2008.11.09 at 05:33 PM

★でるおさん
案外、美輪明宏さんに傾倒するかもしれません。
あれだけの方ですから、可能性は大です。
美輪さんと仲の良かった人では、丹波哲郎さんは大好きでした(笑)。
「引き寄せの法則」は、案外良い本だったと思います。効果があるかどうかは分かりませんけどね。

Posted by: Kay | 2008.11.09 at 08:39 PM

【生まれつきの美人、生まれつき頭の良い人、生まれつきの才能に恵まれた人】
、、、私の事かい?、、んんな訳ないわな、、
私の少食は、ガン発病にによるホルモン、ナンチャラカンタラ異常のせいらしく、
ビョーキらしいけれど、医者の処方などあてになりません。
五感を研ぎ澄ませて、身体が欲するものを口に入れています。
玉ねぎ一個の時もあります。

しかし、、強い意志というものを伝家の宝刀として私も築きたいものです。

Posted by: | 2008.11.10 at 05:48 AM

あ!↑このコメントは「甲乙星人」の華ちゃんからですよ。
名前書くのん忘れていました。
テヘヘ、日常こうして間抜けなことをおかして生きとります。

Posted by: 華文字 | 2008.11.10 at 05:53 AM

★華文字さん
>生まれつきの美人、生まれつき頭の良い人、生まれつきの才能に恵まれた人

「私に何か?」くらい言われるかと思いましたら・・・って、私とは違うか(笑)。
そうですか。いろいろあるのですね。
でも、お酒は楽しく飲めているようにも思われます。私も、食よりも酒が優先かな^^;

Posted by: Kay | 2008.11.10 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/43052340

Listed below are links to weblogs that reference 不良星人としての挑戦:

« 1日1食の少食生活が4ヶ月経過 | Main | 人生を豊かにするアナログ主義のお話 »