« 岡本太郎も子供時代は猛烈にいじめられた | Main | Way(道) »

2008.11.01

リン(白い家の少女)からのメッセージ

以前に買っておいた、「白い家の少女」のDVDを見た。
ジョディ・フォスターが14歳の時、1976年の主演作だ。
ラストシーンは彼女の表情をカメラは一度も外さずに延々と撮り続けた。
それを見て、彼女が現在、ハリウッドの大女優になったことが納得できた。

原作本も手に入れた(下写真の左側)。実はプレミアものである。
Littlegirl

この作品を見たことは、私にとっては、冗談のようなシンクロニシティの連続だった。

物語は、美少女リンの14歳の誕生日から始まる。
それはまさに、昨日、10月31日、ハロウィンの日だった。
そして、この私の誕生日もまた昨日であったのだ!

昨日、岡本太郎について書いたことを、リンもまた言った。
彼女は学校に行っていない。
「価値観を押し付けられるだけよ」
岡本太郎も、学校や教師の価値観の押し付けに徹底して抵抗し、授業中は指が痛くなるくらい、耳をふさぎ続けたのだ。
芸術家(詩人)であるリンの父親は言った。
「大人は個性的なお前を理解しない」
「必要なら大人と戦え」

DVDのパッケージには「ジョディが冷血な少女を演じる」と書いていたが、それは違う。
リンは暖かく繊細な少女だ。
もしリンが冷血なら、いや、僅かでもそれに近ければ、ラストシーンで彼女は笑っていたはずだ。
しかし、彼女の顔は悲しそうだったのだ。ジョディはそれを見事に演じた。
これは実に原作小説以上だった。

リンは、父親を愛し、尊敬し、信頼していたが、最後にその教えに疑問を感じたはずだ。
戦うだけではだめなのだ。
これは私へのリンからの無言のEpigram(エピグラム。警句)だった。
それはParagramme(パラグラム。フランス語)に私を誘い、Tangram(タングラム。中国のパズル)に挑ませるに違いない。
良いお誕生日プレゼントだった。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 岡本太郎も子供時代は猛烈にいじめられた | Main | Way(道) »

Comments

お誕生日おめでとうございます

学校・親・世間一般の価値観のままに育ってきたわたし
kayさんの所にお邪魔すると 
毎日が未知との遭遇です w(゚o゚)w 


Posted by: ほのか | 2008.11.01 11:01 PM

★ほのかさん
ありがとうございます!
これで4人目のお祝いのお言葉・・・・^^;
未知との遭遇!
そういえば、私はベジタリアンですから、エイリアンも似たようなものです(違)。

Posted by: Kay | 2008.11.01 11:17 PM

遅れました。おめでとうございます!

Posted by: minami | 2008.11.02 07:59 PM

★minamiさん
ありがとうございます!
今年は5人か・・・^^;
去年言ってくれたのは姉一人(笑)。

Posted by: Kay | 2008.11.02 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リン(白い家の少女)からのメッセージ:

« 岡本太郎も子供時代は猛烈にいじめられた | Main | Way(道) »