« 誰に責任があるのかを正しく認識せよ | Main | ハルヒの地で滅びを感じた »

2008.11.20

鈍感力をはるかに超える鏡心力を得て超人になる

私は、小泉元首相の最大の功績は、渡辺淳一さんの著書「鈍感力」を100万部のベストセラーにしたことであると思う。
私は、テレビのニュースで、小泉さんが持ち出した「鈍感力」という本のタイトルを聞いただけで、中味を読まなくても非常に重要な本であると確信した。
読む必要が全くなかった。ごく最近、気紛れに読んでみたら、勿論、私の知らないこともいろいろ書かれていたが、結果として思ったとおりの本であった。「鈍感力」という言葉に、これ以外の内容はあり得ない。
鈍感力こそ、全ての人に有益な力であり、特にひきこもりの人には身に着けて欲しいと思う。
ひきこもりは、心も身体も敏感過ぎるのだ。
「鈍感」こそ、幸福の鍵である。

この本が有名になり、更に、この本を読みながら、「鈍感はやはり駄目だ」という人もいるが、それはそれで良い。他人の不幸など私の知ったことではない。私は他人の不幸に鈍感なのだ(笑)。

では、鈍感力に関する究極のお話を紹介する。
これは、鈍感になり切れない人の役にも立つものだ。

お釈迦様に弟子が尋ねた。
「悟りを開いた人間と、普通の人では、精神作用がどのように違うのでしょうか?」
これは我々も興味あるところである。
悟りを開いた人間の心とは、いかなるものであろうか?
お釈迦様は答えた。
「感受作用において、特に違いはない。ただ、それに執着しないのだ」
少し分りにくいかもしれないので補足する。
現代インドの聖者ラマナ・マハリシはこのように語ったことがある。
「聖人の心は、ある意味、子供に似ている。子供は遊んでいる時は遊びに夢中になるが、終れば忘れてしまう」
つまり、こんなものと思う。
綺麗な花を見て、「綺麗だな」と思うのは、悟りを開いた聖者も凡人も全く同じだ。しかし、しばらく楽しめば、そのまますっと通り過ぎる聖人と違い、我々凡人はそれを摘んで持ち帰るという余計なことをする。
聖人だって、ポカっと殴られたり、嫌がらせをされるとむかっとすることもあろう。しかし、聖人はそれをすぐに忘れるのに比べ、凡人はいつまでも根に持ち、仕返しをしたり、そうでなくてもいつまでも嫌な気分を引きずる。

渡辺淳一さんの「鈍感力」には、嫌がらせをされてもあまり気にしない、感受性の鈍い人の特性を鈍感力としていたように思うが、お釈迦様やマハリシの場合、感受性自体は常人と同じでも、執着しないことが幸せであるとしている。
ヨガ指導者の藤本憲幸さんの古い本で読んだ覚えがあるが、ある自信を失くしてひきこもっていた20歳の青年が、しばらくすると、別人のように堂々として、藤本さんに「やあ」と挨拶し、ヨガの超人として知られる藤本さんに「きみの能力なんて、僕に比べればちっぽけだ」と宣言する。
その20歳の聖者は「精神はただ流すもの」と言っていた。
なるほど、流れずに淀むから執着するのだ。嫌なことも楽しいことも、流してしまえば執着しない。「水に流す」とはよく言ったもので、それでこそ、心の純一性を保てる。そういえば、小泉元首相の名前は純一郎であったな(笑)。

では、以上の要点を見事に表現した至高の言葉を紹介しよう。
「荘子」の内編の中の「応帝王篇」に出てくる、「鏡」という短い文章である(漢文である)。
(「荘子」には、内編、外編、雑編とあり、内編が荘子自らの書であり、他は弟子などが後から付け加えたものとするのが一般的だ)

至人之用心若鏡。不将不迎、応而不蔵。故能勝物而不傷

こんな意味だ。
至人(最高の人。聖者や悟りを開いたような人だろう)の心は鏡のようなものだとある。
終ったことを悔やまず、先の心配をしない。
つまり、来たものだけをそのまま映すが、去ってしまえば何の痕跡も留めない。
だからこそ、無限の力を発揮でき、傷付くこともないのだ。

書き下せば次のようになろうか?

至人の心は鏡のようなものだ。
来るものは、ただあるがままに見るが、過ぎ去れば何の痕跡も留めない。
だから、過去を悔やまないし、未来を思い煩うこともない。
それでこそ自在に働いて全てに打ち勝ち、傷付くことは決してないのだ。

お釈迦様やラマナ・マハリシの言葉も、この通りのことと思う。

執着しないことは難しいので、渡辺淳一さんの言う「鈍感力」である、鈍い身体と心を持てば、結果的に同じなので幸せである。幸いなるは鈍感な人である(これは同意する人も多いだろう)。
鈍感な人がひきこもることは、まあ無い。

ところで、最後に1つだけ書いておく。
渡辺淳一さんの「鈍感力」の百倍優れているのが、ひろさちやさんの「無関心力」である。
「無関心力」とは、世間の常識や価値観を全く評価せず、それに無関心になることだ。
身体や精神の敏感な人にも役に立つ。なぜなら、鈍感にはなれなくても、無関心にはなれるからだ。
『ひろさちやの「無関心」のすすめ』(青春出版社)を読むべし。
実は、上記のお釈迦様のお話も、ひろさちやさんの古い本で読んだものである。
ひろさちやさんは、あのお釈迦様の教えの実践方法をついに発見したのである。
これを読み、修得すれば、荘子の鏡の教えを身に付けることができるだろう。

だが、さらに言うと、もっと確実に鏡の心を手に入れる方法がある。
言うまでもなく、少食である。
食という人間最大の執着を抑えれば、我々は何ものにも執着しなくなる。
鈍感力以上の鏡心力という至高の力を得ることとなる。その威力の凄さは、ほとんどの人が知らない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 誰に責任があるのかを正しく認識せよ | Main | ハルヒの地で滅びを感じた »

Comments

おせわになります。
連日、相変わらずの素晴らしい内容ですね。

「精神はただ流すもの」
いいですね~。私もいつもこうありたいものです。

先日、優勝した石川遼君がこうコメントしてました。
「気持ちに起伏があったら、いいスコアなんて
出せるわけない。一打一打に怒ったり、悔しがったり、
そういうものは最後の最後まで必要ないものだと
思う。」

私は、人生にも通じる考え方だなと思いました。
心は静かに淡々と。
もう遼君はkayさんの域に達していますよね。

Posted by: でるお | 2008.11.21 12:21 AM

★でるおさん
いつもありがとうございます。
石川遼君は、若いのに本当に立派ですね。
あの年なら、普通はもっと馬鹿なことをいっぱい言いそうなものなのに、立派過ぎますね。
「妹や弟には、こんな厳しい世界に入って欲しくない」と言うだけの経験もしてますしね。
無我、無心の強さを感じますね。

Posted by: Kay | 2008.11.21 10:16 PM

ほんと彼は立派すぎますね。
見習いたいものです。

遼君はファンにサインをしてあげて
「ありがとうございます。」
と先にお礼を言うそうですよ。

礼儀正しいスポーツマンは見ていて、
本当に気持ちいいですね。

Posted by: でるお | 2008.11.22 04:21 AM

★でるおさん
本当に立派過ぎて殴ってやりたいですね(笑)。
まあ、無理してる部分も多いかもしれません。
若いのに苦労して・・・(泣)。
私はキム・ヨナの方が好きですが(何)。

Posted by: Kay | 2008.11.22 09:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈍感力をはるかに超える鏡心力を得て超人になる:

« 誰に責任があるのかを正しく認識せよ | Main | ハルヒの地で滅びを感じた »