« 幽霊を見る能力で世界を変革できる | Main | 人間最大の力を得る »

2008.10.24

マジック・ストーリー

「マジック・ストーリー」というものをご存知だろうか?
1900年に、米国のサクセス誌に掲載され、非常な好評であったという大変に短い成功哲学である。
10分かそこらあれば読めるこの短いお話を読めば、たちまち生まれ変わり、すぐに成功への道が開けるというものだ。

日本では、ソフトバンククリエイティブから2004年に出版されている。
英語が読めれば、既に著作権は切れているので、Webを探せば無料で読めると思う。

「マジック・ストーリー」を紹介するための、こんなお話があった。

才能はあるが、全く評価されない画家がいた。いよいよお金が全くなくなり、餓死か自殺かを決めなければならなくなった。しかし、マジック・ストーリーを一読して生まれ変わると、絵を出版社に持ち込んだ。すると、すぐに採用され、以降、成功の連続となる。

マジック・ストーリーを書いたのは、数百年前の教育をほとんど受けていない事業家で、姓名などは不明である。しかし、彼は後の世の人のため、確実に成功できる秘訣を短い文章にまとめて残したということだ。

さて、「マジック・ストーリー」自体であるが、良いお話である。
ただ、こういう文章を別の言語(英語から日本語)に翻訳するのは実に難しいと思う。文章としてはシンプルでも、それぞれの言葉の示す内容は、おそらく書いた人と我々では相当異なる。深遠な真理であればあるほど、その齟齬は小さなものではない。
それでも、繰り返し読めば、著者の意図も分るようにも思う。

では、「マジック・ストーリー」を読めば、書かれているように、我々もたちどころに成功できるだろうか?
少なくとも我が国では、そんな人はほぼいないと思う。
しかし、「マジック・ストーリー」自体が悪いのではない。

私が思うに、おそらくは、「マジック・ストーリー」の著者自体が重要なことに気付かなかったのだ。
「マジック・ストーリー」の著者はどん底の状況から突然に生まれ変わり、成功への道を突き進んだ。
その生まれ変わる瞬間の状態が、上記の売れない画家と同じなのだ。
つまり、長い間、ロクなものを食べることができずに飢えていたのだ。実際、痩せ衰えていたとあった。
真に重要なのは、むしろこっちだ。強制的な少食・粗食状態にあったということが成功の条件を作り、「マジック・ストーリー」は、その肩をちょっと押したのだ。

「天使は見守るだけ。悪魔は幸せの方向にちょっと肩を押すのだ」
~コゲどんぼ著「ぴたテン」より。ニャーさんことクラウス・ローゼンバーグの言葉~

少食・粗食を実践すれば、それだけで十分である。
少食・粗食を堅く守っていれば、「マジック・ストーリー」は成功を早めてくれるかもしれない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 幽霊を見る能力で世界を変革できる | Main | 人間最大の力を得る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マジック・ストーリー:

« 幽霊を見る能力で世界を変革できる | Main | 人間最大の力を得る »