« この世はままならぬ | Main | 理想の彼氏彼女とは »

2008.10.16

政木さんが教えてくれた百人の女性にモテる法

Googleで「政木和三」で検索すると、このブログが2位であった。1位は「船井幸雄.com」だ。個人的には船井幸雄さんはあまり好きではないが、それはまあ良い(笑)。
船井さんも、私同様、政木さんから、政木さんの研究所で、政木さんの著書「精神文明と奇跡」をもらったようだ。

政木さんに聞いたお話の中で、政木さんの本を読むよりためになったと思うお話があるので少し話す。
政木さんは「私はお金なんてあまり欲しくはないのです。しかし、社長(政木さんが当時勤務していた林原生物化学研究所の林原社長)が、私の発明の特許使用料を私の口座に振り込んでしまわれるので、私は昨年、1億円納税しました」と言われた(ただし、政木さんの会社である「政木研究所」に振り込んだということかもしれない)。
これは昼食の時の話だが、その日に行われた政木さんの講演会も終わり、夜に懇親会をしていると、何のきっかけか、政木さんが女性にモテる方法を話し始めた。
「私はね、女性なんてちっとも欲しいと思ってないのです。しかし、百人の女性が私に身を任せるのだから仕方がないと思っているとそうなるのです」

政木さんの教えは「欲望を捨てると不可能はない」である。
このようなライトな欲の捨て方もあるわけだ。どうも、本格的な方は私には無理だと思って、こんな方法を教えてくれたようにも思う。
しかし、よく分る教えだと思わないだろうか?

しかし、いつだったか、何のきっかけだったか忘れたが、政木さんにこんなことを言われた。
「あなたは千年生きれると思ったら、その通りになります」
政木さんだって、数世紀に渡って生きる人間は稀有な存在として講演の時に話される。
あくまで潜在的にということかもしれないが、私にもその位の力はあるということと思う。あるいは、私の念願である仙人になるということであろうか。嬉しいことである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« この世はままならぬ | Main | 理想の彼氏彼女とは »

Comments

一日一食は本当に大変だと感じっぱなしです。
親が食べろ食べろと進めてきます。
しょうがなく食べてしまう。
ここで強く出ないとダメですね。

食事が家族の顔合わせになってるのもあるし、一人でご飯を食べるのは寂しいと言ってくるので、なかなか拒否が出来ない。
体重が80kg超えてるのでダイエットと言ってますが、それも聞かないし。

ちなみに親父は一日2食してます。朝起きるのが遅いので、朝ご飯はたまにしか食べません。
それも親父の健康のために自然となってたのかもしれませんね。

一日一食を目指して頑張ります。

Posted by: minami | 2008.10.17 at 12:41 PM

★minamiさん
1日1食は難しいですよ。
何か志でもあれば簡単ですけどね。
朝はコーヒーだけにするとか言えば良いと思います。
まず大事なのは朝を抜くことです。
昼と夜は少し残すとかするのも手と思います。

Posted by: Kay | 2008.10.17 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/42806271

Listed below are links to weblogs that reference 政木さんが教えてくれた百人の女性にモテる法:

« この世はままならぬ | Main | 理想の彼氏彼女とは »