« 落ちこぼれの度合いは大きいほど良い | Main | 成功する人としない人の確実な違い »

2008.10.01

過去は変えられる

坂本真綾さんの「風待ちジェット」という歌があります。
CLAMP原作のアニメ「ツバサ・クロニクル」の2つ目のエンディング曲でした。
詩は坂本さん自身によるものですが、出だしの歌詞が非常に印象的です。
「気が付いてない、君はまだ。昨日さえ変える力が2人にあること」

よく考えればおかしな詩だと思うはずです。
未来を変える力があるというなら、誰でも納得できるはずです。逆に言えば、過去なんて変えられるはずがない。

しかし、坂本さんはおそらく天才なのでしょう。ほとんどの人が気が付かないことに気付いているようです。
ZARDの「If you gimme smile」という歌に、
「人生の地図にコイン投げて 賭けてみようよ 自分に」
という歌詞があります(作詞は坂井泉水さん)。
皆さんは、コインに運命を任せたことがあるでしょうか?
手塚治虫さんの「ザ・クレーター」という短編集の中の1つに、そんな話があります。ある青年が人生の岐路に悩みます。彼には2つの道があり、どちらを選んでも成功する自信がありました。そうやって悩んでいる時、不思議な人物が現われ、彼にコインを渡し、それでどちらにするか決めろと言います。青年はその通りにし、成功の道を進みますが、途中で挫折します。そして、コインに従ったことを後悔します。
本当は、その後にもっと面白いお話が続くのですが、ここではこんなところでいいでしょう。

もう1つお話します。確か、栗山天心さんの本で読みました。
ある、非常に人生を後悔した年老いた男性の話です。
彼は、若い頃に憧れた少女がいましたが、とてもではない高嶺の花で、告白をトライすることもなく諦めました。ところが、後で、彼女もまた彼を好きだったのだと知りました。

この2人は過去の行動や決断を悔やんでいると思います。
「反対の道を選んでいれば」「彼女に勇気を出して告白していれば」
さて、ここでやっと一番最初に戻ります。
「昨日を変える力が我々にはある」
という話です。
そういった後悔すべき過去を変えることができるのでしょうか?
それはもちろん(笑)。

過去なんて、解釈に過ぎないのです。
そして、過去を解釈しているのは現在なんです。
現在の解釈を変えれば、過去なんて当然変わります。
そして、過去が現在に影響するなんてことは、本当はないんです。

上の話で、青年がコインとは違う別の道を選んでいたら、もっと悪くなったかもしれません。
老人が若い時、あの少女に告白しても、その翌日に振られたか、あるいは、彼女が大変な浮気性で一生苦労したかもしれません。

過去にはいかなる意味もありません。ただ、現在の我々の解釈があるだけです。
もっと言ってしまえば、過去なんて本当はありません。単なる幻想で、実際は現在しか存在しません。我々が解釈することによってのみ存在するのです。
それは未来も同じです。本当は未来も存在してはいません。ただ、やはり我々が解釈すれば未来は生まれる訳です。
ただ、未来の解釈の影響は大きいかもしれません。下手な解釈はできないのです。
未来に対する悲惨な解釈をすれば、未来ではなく、現在が悲惨となります。未来もまた現在なんです。
では、楽しい未来を思い描けば、その通りになるのかどうかということは興味深いことと思います。これは、そうであるとも言えますし、全くそうでないとも言えます。いえ、ほとんどの場合、実現しないのです。
なぜでしょう?既に言いましたが、未来なんて本当はないからです。それが未来だと解釈する限り、永遠に未来に存在する夢でしかありません。
望みがあったとしたら、それは今現在、既にそうなっていると思う必要があります。
政木和三さんは、「願いは過去完了形で感謝すれば叶う」と言ってました。その仕組みについては、発明家の中山正和さんが上手く説明していましたが、長くなるので、また次の機会に引用しましょう。

いずれにしろ、願いを現在のことであるとしてリアルに実感できる精神を獲得することなく、夢を叶えることはできません。政木和三さんも、脳波がシータ波の状態でないと叶わないと言いますし、そのためには欲望を捨てなければいけないと言いました。欲望を叶えるのに欲望を捨てるのですから、ちょっと混乱してしまいそうです。しかし、仕組みが分ればどうということもありません。
ただ、その仕組みが分りにくい理由もあります。どうしても、これまでに頭に叩き込まれてきた馬鹿げた考え方をふるい落とす必要があるからです。それができるのは、社会の中でうまくやってきた人ではなく、社会の中で落ちこぼれてきた人、理不尽な苦痛を強いられた人、変人奇人とされた人、アウトサイダーな人です。よくは分りませんが、イエスが「貧しい人は幸いなり」「金持ちが天国に入るのは、ラクダが針の穴を通るより難しい」と言った意味もそれではないかと思います。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 落ちこぼれの度合いは大きいほど良い | Main | 成功する人としない人の確実な違い »

Comments

まさかファンの坂本真綾さんの話がでるとは!
岩里祐穂&菅野よう子が最強です。
脱線しましたが、たしかツバサの内容を考慮して作詞した、とかだったと思います。
そうだとしてもすごいですが…。
貧しい人は幸なり…わからないけど、本多静六さんの言葉を思い出しました。
まあ、色々わかって後々のためになるということですが。
過去完了形で、というのは身に着けたいですね。

一応続いてるので、何とかなりそうですね、がんばってみます。
食事はまあ、1日2食弱の量を維持で、ただ回数は3回になったりしたりするのがありますが、とりあえず分量は抑えてます。
身に着ける職n発見と、習得の加速化に繋がるといいと思います。(笑

Posted by: hideto | 2008.10.02 at 01:04 AM

気がついてない、君はまだ。
いつか見たあの悪夢は、どこにもないってこと。

ふむぅ・・。
弱い空腹に耐えられない。
食べてしまう。
それは置いておいて。

確かに今は悪夢は今はない。
でも再発しそうな気がする。
この気がするのが悪いとわかってるんだけど。

Posted by: minami | 2008.10.02 at 06:27 AM

★hidetoさん
過去完了形で、欲望を捨てて・・・ですね。

>食事はまあ、1日2食弱の量を維持で、ただ回数は3回になったりしたりするのがありますが、とりあえず分量は抑えてます。

確実に2食にできるようになれば運命も向上するでしょう。今は準備期間ですね。


★minamiさん
>弱い空腹に耐えられない。
>食べてしまう。

耐えられるようになれば、良いことも起こるでしょうし、意志も強くなり、悪夢に二度と悩まされないことでしょう。
今はまだ準備段階といったところですね。

Posted by: Kay | 2008.10.02 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/42651270

Listed below are links to weblogs that reference 過去は変えられる:

« 落ちこぼれの度合いは大きいほど良い | Main | 成功する人としない人の確実な違い »