« ハルヒになる | Main | 再誕と変革 »

2008.10.11

道具と武器としてのナイフ

たまには趣向を変えて、人類最初の道具にして最古の友であるナイフのお話です。私は、ナイフさえ眺めていれば満足と言う危ない、いえ、おかしなヤツです(笑)。

B110
こちらは、米国BUCK社のフォールディングハンター110。
まさに野外での男の道具として作られた実用ナイフです。
あまり高価でないが良い折りたたみナイフを1本というなら、これをお薦めします。
フォールディングナイフとしては大型で、初めて手にすると、大きくて驚くという方もいるかもしれません。刃長は95mmもあります。
1964年の登場から姿を変えておらず、ボウイナイフのような鋭い形状、天然木のワイルドで深みのあるハンドルで、定価で1万円程度とお買い得と思います。

Sservice
こちらは、アルマー・シークレットサービス。
最高の機能性、機動性を持つフォールディングナイフです。
このシークレットサービスのように、ライナーロック方式で片手でオープン、クローズの出来るナイフは多いですが、このナイフほど操作しやすいナイフはないでしょう。
元グリーンベレー隊員のアルマーがデザインしたこのナイフは、その名が示唆する通りファイティング用です。
刃長は85mmで、そこそこあります。護身用に1つという場合にもお薦めですが、残念ながら銃刀法に抵触します。価格は定価で11,550円です。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ハルヒになる | Main | 再誕と変革 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道具と武器としてのナイフ:

« ハルヒになる | Main | 再誕と変革 »