« 人生に高度な目標を持つ者だけが少食になれる | Main | 証券会社は今後も次々破綻する »

2008.09.17

ちょっと北京オリンピックを振り返る

そろそろパラリンピックも終わろうという頃に、ちょっと北京オリンピックを振り返る。
私が、北京オリンピックで唯一心に残っていることは、野球金メダルの韓国チームが、全員、選手村に宿泊していたことだ。日本の読売巨人軍から年棒6億円をもらうイ・スンヨプすら3人部屋だった。
一方、日本チームは全員が北京市内の一流ホテルで、もちろん個室。
私は、こんな贅沢な連中に金メダルなんて取って欲しくなかったが、期待通り、メダルに手が届かなかった。
いまや、オリンピックはアマチュアスポーツの祭典ではないし、いかなる存在意義もないと私は思っている。しかし、その中で、少しでもスポーツマンシップを示して、選ばれたスポーツ選手らしいお手本を示すなら、まずは、選手なら選手村に宿泊するのが当然と思う。
来年のワールド・ベースボール・クラシックはプロの大会とはいえ、オリンピックも実質そうなのであるから、日本チームは10人部屋にしてはどうだろう。金メダルの韓国が3人部屋だったのだから分相応のはずだ。誰が監督になるかは分からぬが、そんな決定をできる人に監督をやって欲しいものである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 人生に高度な目標を持つ者だけが少食になれる | Main | 証券会社は今後も次々破綻する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょっと北京オリンピックを振り返る:

« 人生に高度な目標を持つ者だけが少食になれる | Main | 証券会社は今後も次々破綻する »