« 誤解するのが人間か | Main | 優等生の未来 »

2008.08.23

オリンピック野球 勝負は見えていた

私はオリンピックに興味はないし、中でも日本の野球の選抜チームにはほとんど関心がなかったが、米国メジャーリーガーが出ない以上、おそらくは選手の平均年棒では世界でもダントツの日本チームが他国とどんな戦い方をするのか興味が出て、適当に見ていた。
結果は、韓国に2連敗、アメリカに2連敗であった。
ただ、個々の選手の実力そのものは日本チームの方がはるかに上と思う。
日本選手は、米国のメジャーに行っても、そこそこ以上にやれる選手ばかりと思うが、アメリカチームは3A以下のマイナーの選手。韓国だって、凄い選手もいるが、平均すれば日本の方がずっと上のはずだ。
しかし、試合を見る限り、日本は韓国、アメリカに完敗だった。
そして、気合い、迫力といった点で、韓国、アメリカは日本と比較にならないと感じた。
アメリカ選手は、給料を含め、待遇はかなりお粗末なマイナーの選手だ。オリンピックで活躍し、特に、今アメリカで評判の日本のトッププロ相手に実力を見せてメジャーに注目されたいという必死さがあるのではないかと思った。
また、韓国では、メダルを取れば兵役免除はほぼ確実だ。そして、兵役義務のある若い選手がばんばっただけではない。絶不調の中、4番に座り続けたイ・スンヨプは、日本戦で勝負を決めるホームランを放った後、「これで若手が兵役に就かなくて済む」と言ったのは嘘ではない気持ちと思う。そんな彼らの闘志と絆の力が日本を上回ったように感じた。
日本チームは何を目指していたのだろう?実際には名誉だけではなかったのか?また、日本プロ野球コミッショナーが率いる日本の野球を命がけで守る気もないに違いない。
勝負は最初から見えていたような気もする。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 誤解するのが人間か | Main | 優等生の未来 »

Comments

WBCのときとはあきらかに…。
監督も、王さんやミスターはリーグでの実績もあるけど、星野さんは…と不安でしたが、的中してしまいました。
WBCのときは、イチローはじめ、選手全体が一体になってたんですよね。
そういえば柔道も同じ感じの雰囲気だったかも。
メンタルトレーニングは導入されてるのかな?
それはそうと、ソフトボール女子はすごかった。

Posted by: hideto | 2008.08.23 at 11:30 PM

北京オリンピックの全てが間違いかもしれません^^;
おっしゃる通り、WBCでは、イチローが積極的にリーダーシップを取ってましたし、このイチローと共に、松坂、福留がいて、全盛の上原、松中がいれば、運が良ければ勝てると思います。
あの時の、イチローの異常なテンションの高さが印象的でしたが、なぜだったのかなあ。

Posted by: Kay | 2008.08.24 at 11:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/42250872

Listed below are links to weblogs that reference オリンピック野球 勝負は見えていた:

« 誤解するのが人間か | Main | 優等生の未来 »