« サンタクロースを疑え | Main | 天命の受容 »

2008.07.25

さくらちゃん、気を付けて

相思相愛の仲であれば、ずっと共にいたいと思うものであるだろうし、片想いの場合でも、離れたくないと思う場合が多いであろう。
しかし、1年かそこら離れてみるという手もある。
松本典子さんの「春色のエアメール」という歌(古い!)で、「きれいになったねと、見つめられたらどきどきしちゃう」とあるように、女の子であれば、10~15歳であれば1~2年もすれば見違える程きれいになるだろうから、相手をより惹きつける可能性が高いといえるし、男の場合もカッコ良くなるかもしれないだろう。
ただ、女の子の場合は、大抵の場合、放っておいても綺麗になるのとは違い、男の場合は、日々の過ごし方の影響がより大きい。男の場合は、1年単位で磨くのではなく、昔から「男子三日会わざれば刮目して見よ」と言われるように、3日で見違えるようでないといけないらしく、その積み重ねが現れるものであるらしい。
ただ、男を磨くとは言っても、勉強したり、身体を鍛えたりしたところで大した効果はない。昔の詩人が、「健全な肉体に健全な精神が宿るよう祈りたい」と言ったように(なぜか、「健全な肉体に健全な精神が宿る」などという妙な言葉に摩り替えられているが)、身体の立派さと中身とはしばしば大きく異なる。また、学校の勉強がいくらできても、男としての価値にはほとんどならない。
男を磨くものとは、「自己制約」である。放縦に振舞いたい心を抑え、自分に厳しい試練を課すことで男は磨かれ、魅力が出る。
考えてみれば、女も同じである。放縦に過ごすと、たちまち魅力を失う。女性の場合は、制約とか試練と言わず、「つつしみ」と言う場合が多いが、やはり、心や身体を自分で律することには違いがない。

CLAMPさんの漫画「カードキャプターさくら」で、さくらと小狼(しゃおらん)は、小学5年生で離れ離れになる。小狼が香港に帰ったからだ。
時が流れ、中学生になり、もともとが可愛かったのが、萌え萌え度大幅アップとなったさくらが、寝坊癖だけは直らず、慌てて学校に向かうと、道でクールさ大幅アップとなって戻ってきた小狼が待っているところで話は終わる。さて、小狼は何日後にさくらに手を出したか妄想せざるをえない(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« サンタクロースを疑え | Main | 天命の受容 »

Comments

はじめまして!!
今私の中でさくらがすごいブームです。笑
小狼とさくらを見てるとにやにやがとまりませんよね。笑

Posted by: りぃな | 2008.07.30 01:29 PM

★りぃなさん
はじめまして!ようこそいらっしゃいました!!
さくらちゃん萌えですか!?いいですね!あなたの進む道は絶対に正しいです(笑)。
CLAMP作品、特にさくらちゃんには、はにゃ~んになればなるほど良いのです!
今後も励んで下さい。私もがんばります!(笑)
わたしは、CCさくらのDVDは劇場版含め完璧に揃えております。「魔法騎士レイアース」はOAV作品も含め、やはりDVDコンプリート!「ちょびっツ」もです。
コードギアスは意図的に見ていません。だって、見たら確実にハマりますが、さすがに以前ほど時間がないのです(泣)。

私は、知世ちゃんも好きですが、雪兎さんを気に入っています。この天然な2人でもっと会話して欲しかった。きっと宇宙的会話に・・・(笑)。
さくらちゃんの「無敵の呪文」は世界、いえ、宇宙最強です。これで人生、勝ったも同然です。
りぃなさんのブログも拝見いたしました。さすが大学生。勉強熱心(?)ですね♪

Posted by: Kay | 2008.07.30 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さくらちゃん、気を付けて:

» 【マイブーム】カードキャプターさくら [隠れオタ女子大生りぃな★]
今さらながらカードキャプターさくらにはまりました#63889; 原作はコードギアス 反逆のルルーシュのキャラクターデザインや魔法騎士レイアースでおなじみのCLAMP#63903; 魅力は主人公さくらの可愛さ#63890; 笑顔が可愛いのはもちろん、性格がこの上な..... [Read More]

Tracked on 2008.07.30 01:26 PM

« サンタクロースを疑え | Main | 天命の受容 »