« 顔に気をつけよう | Main | 月の愛と楽観主義 »

2008.07.17

世界征服だ

英国の作家、コリン・ウィルソンがよく例に出すのだが、英国の伝説的なSF作家ハーバート・ジョージ・ウェルズが、“The History of Mr. Polly”(「ポーリー氏の物語」翻訳はないと思う)で、ポーリーが「自分の人生が気に入らないなら、変えてしまえばいい」と言ったらしい。ウィルソンは、その通りに人生を変えたのだ。
なら、我々も真似をしようではないか?
では、どうやれば、人生が思うとおりになるのであろう?
ウィルソンの本を沢山読んだが、なかなか分からない(笑)。
中島孝志さんが、「波動経営」という本で面白いお話を書いていた。
松下幸之助さんだったと思うが、講演の中で「これからの企業は余剰が必要」と言ったらしい。すると、受講者の一人が、「どうやれば余剰を持てるのでしょう?」と尋ねた。松下さんは何と答えたかというと、「余剰が欲しいと願うこと」で、笑いを誘ったとあったかもしれない。中島さんは、このお話を印象深く憶えていたのだと思うが、私も気に入ってしまった。
手塚治虫さんが制作したアニメ映画で、タイトルは忘れてしまったが、この映画で最後に明かしたこの世の真実は、「願うことが大切」であったと思う。
私もニート時代、ジョセフ・マーフィーの成功法則の本を読み、この本の中での成功者はセールスマンが多いのに気付き、セールスマンになりたいと思ってそれになり、「セールスコンテストで優勝したい」と思って優勝した。しかし、もともと不向きなセールスマンが嫌になり、「普通の総務系のサラリーマン」になりたいと思ってそうなったが、やはりスペシャリストがいいと思ってIT技術者になった。会社が小さかったので、「一部上場企業がいい」と思って一部上場企業に入った。しかし、給料が安かったので、高い給料と、せめて役職が欲しいと思ったら、給料が倍になり○長になった。
願えば叶うものだ。ただし、願いが叶う前には、必ず危機的状況になった。
さて、次は世界征服を狙おうか?(笑)

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 顔に気をつけよう | Main | 月の愛と楽観主義 »

Comments

おお、Kayさんのスペシャリストへの道のりが!
とすると成功法則を利用する場合、明確な目的とかがない場合は、まずはセールスをがんばったほうがいいというところでしょうか??
まあ、今の課題は、願ったことを行動へ落とし込むことと、実際に行動する方法で詰まっております。(笑

Posted by: hideto | 2008.07.17 11:03 PM

★hidetoさん
まあ、セールスマンは、たまたまだったと思います。しかし、そんな仕事を経験した価値はあったと思います。
行動ですか?いわゆる、ひとつの情熱ですね(笑)。私も動くのは嫌いな方です^^;

Posted by: Kay | 2008.07.17 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界征服だ:

« 顔に気をつけよう | Main | 月の愛と楽観主義 »