« 「時をかける少女」マニアの秘密 | Main | ニートの秘密と発展の秘訣 »

2008.07.22

和式ナイフの美学

Miyagi

日本人なら、このような木鞘作りの小刀にどこか憧憬を持つかもしれない。
特にこの槐樹(えんじゅ)の木で作った鞘は、色、模様、手触り、それに香りがとても良い。
この小刀は、宗正刃物で購入した「木鞘拵湯西川小刀」というものだが、鞘を作った宮木義男さんという鞘師が引退したため、もう入手できないらしい。
確かに、どの方向から見ても、柄と鞘に寸分の狂いもない。柄も鞘も、2つの部品を組み合わせた跡はなく、この女性の指2本分しかない鞘の中をくり抜いて作ってあるようだ(日本刀では、2つの部材を組み合わせる)。
また、気候により、鞘からの抜き射しのきつさが違うところが、さすが天然木である。

革の鞘なら、素人でもそれなりには作れると思うが、木鞘だと、なかなかそうはいかない。
普通に作れば、革の鞘の方が耐久性がありそうだが、やはり木の鞘のような味わいは出ないと思う。それでいて、良い木鞘は何十年と使え、しかも、使えば使うほど色合いに深みが出てくるらしい。

Hiroshige

そして、鞘から抜いた小刀の本体、弘重作・木鞘拵湯西川小刀だ。
まだ使い込みが足りず、風格が出てくるのはこれからである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 「時をかける少女」マニアの秘密 | Main | ニートの秘密と発展の秘訣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和式ナイフの美学:

« 「時をかける少女」マニアの秘密 | Main | ニートの秘密と発展の秘訣 »