« 多機能の恐怖 | Main | 幽霊の歌は警句 »

2008.06.12

繰り返す度に気付く

読書家には、大雑把に言って、乱読派と熟読派がいるらしい。
私は、本来、熟読派である。
気に入れば、同じ本を何度でも読む。
また、同じ映画、アニメも、しつこく何度も見る。

小学生の時は、「ピノキオ」「みつばちマーヤの冒険」「怪傑ゾロ」をとにかく何度も読んだ。
マーヤからは、人の良いところだけ見ることを、ゾロからは女の子の口説き方を教わった(笑)。ピノキオからは、欲にかられると馬鹿になることを学んだ。また、やせ我慢の良さも。

数年前、ニサルダガッタ・マハラジ「アイアムザット」を読み、一生、この本だけを読もうと思った。だが、4回目を読んでいる時、他の本にも興味が出てきて、いったん中止とした(笑)。

映画では、淀川長治さんは、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」を4百数十回見て、その度に必ず涙を流したらしい。
私は、ある頃、ノーマン・ジュイソン監督の「ジーザス・クライスト・スパースター」(1973)を、録画ビデオで70日間連続して、毎日欠かさず見たことがある。飽きることは全くなかった。
アニメでは「灼眼のシャナ」全話のDVDを繰り返し連続7回、「涼宮ハルヒの憂鬱」は20回以上見ているはずだ。
実に多くの気付きや学びがあった。

賢者と言って良いと思うある人は、おそらく「ローム大霊講話集」と思うが、ある霊能の大家の人に、これをボロボロになるまで読めと言われ、12年かけて、閉じ糸が取れて本当にボロボロになるまで読み、その本を持って弟子入りを願ったら、その大物霊能力者は涙を流して喜び、弟子になる必要はない。友人になってくれと言ったらしい。
意志の強さと誠意。何かを成し遂げるために必要なものだろう。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 多機能の恐怖 | Main | 幽霊の歌は警句 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 繰り返す度に気付く:

« 多機能の恐怖 | Main | 幽霊の歌は警句 »