« 軽い少女の幻想美 | Main | 忘我の力 »

2008.06.07

変態

「変態」と言うと、どうも変態性欲の代名詞と思われているのではないかという位、この意味ばかり定着しているようだ(笑)。
しかし、変態とは、生物学的にも、物理・化学的にも実に神秘的、もしくは、精妙で驚異的なものである。
幼虫がさなぎになり、成虫に変化するのも変態であるが、あれほどの短時間での変身は大きな動物にはないものであり、実に驚くべきものと思う。大きな動物の例ではモスラがあるが(笑)、やはりその変態は映画でも神秘的に描かれていたのは、やはり変態には言い知れぬ感動があるからと思う。
女の子がある時期に急にきれいになることを「さなぎから羽化したように」などと言うし、なるほどそのような印象には正当性があるように思う。
ところで、別に少女が美しくなる場合に限らず、人もまた急激に変化することがある。しかし、それは主に内面である。究極の例を挙げれば、ブッダガヤ(菩提樹)の下で悟りを開いた釈迦がそうであると思う。彼は、深い瞑想に入り、僅かな時間で全くの別人に生まれ変わった。だが、瞑想すればブッダ(覚者。解脱者)になれるというものではない。昆虫で言えば、幼虫時代の活動が重要になる。
人間の進歩というのは、いつでもブレイクスルーだ。スポーツでも、芸術でも、少しずつ上達する部分も確かにあるが、大きな進歩は突然にやってくる。何かを熱心にやっていると、ある日突然、「あれ、俺って何でも出来るぞ」と感じることがある。ただ、人間の進歩はsky is the limit(天井知らず)だ。謙虚であればどこまでもいける(時間の果てまでもね)。
昆虫の変態を見ていると、人間の、果ては宇宙の真理も感じることができる。
変態中のKayより・・・って、どっちの変態か、それは謎だ(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 軽い少女の幻想美 | Main | 忘我の力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 変態:

« 軽い少女の幻想美 | Main | 忘我の力 »