« 火星人はなぜ地球征服を失敗したか | Main | 男を英雄に変える神秘的少女 »

2008.05.14

忘れる喜び

ルイス・キャロルといえば、「不思議の国のアリス」などの童話で有名であるが、実は優秀な数学者であった。しかし、彼は芸術家として成功したかったようだ。作家か画家を志すが、画家の才能がないことが分かり、その代わりに写真に熱心に取り組んだ。作家としての才能は傑出しており、こちらでは成功した。
ルイス・キャロルはまた、生涯に渡り、少女の友達が沢山いたことで有名だ。彼がロリコンであったかどうかは不明であるが、美少女萌えであったことは間違いあるまい。
キャロルは、生涯に少女に宛てて2万もの手紙を書いた。対して、男の子に対する手紙は、見つかっているものではたった1通である。彼は特に腕白小僧が嫌いであった。
キャロルの少女への手紙の中で、印象深いものがあった。ものを忘れる楽しさを書いたものだ。
彼は、もちろん冗談だが、「ものを忘れるレッスンに通うようになった」と書き始める。
素晴らしい先生なので、自分の名前や仕事を順調に忘れていった。先生は心配して、「でも、月謝を払うことは忘れないように」と言うが、それもあっさり忘れてしまった。
ものを忘れるということは、なんとも楽しいものだよと書いてあった。
これを受け取った少女の反応は分からないが、きっと少しは大人の賢い女の子、つまり、ジョークの分かる子に宛てて書いたのだろうとは思うが、何かを忘れたいという彼の本音もあったことは想像できる。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 火星人はなぜ地球征服を失敗したか | Main | 男を英雄に変える神秘的少女 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 忘れる喜び:

« 火星人はなぜ地球征服を失敗したか | Main | 男を英雄に変える神秘的少女 »