« 姿を変えない理由 | Main | ワクワク、ドキドキ絶対厳禁! »

2008.05.02

GWへの新しい備え方

GWに備えて、面白そうな本やDVDを購入しようと思ったがやめた。
我々は、常に外部からの刺激にたよる生活から脱却する必要がある。

バーン・ザ・フロア・カンパニーというダンス興行グループがある。大勢のダンサーによる舞台ダンスの公演を行うのであるが、ダンサーは全て若いイケメンと美女。そのダンスは非常にセクシーでエキセントリックである。つまり、嫌でも刺激的で面白いものであり、世界的に成功している。こんなダンスを見たら、他のダンスはいかに優れたものでも退屈で見れなくなる。いや、バーン・ザ・フロア・カンパニー自体、どんどん派手にしていかないとすぐに飽きられる。観衆はさらなる刺激を求め、感覚は麻痺していく。
そうではなく、ダンスを見るなら、見る目を養えば、派手でなくても真の面白さが分るようになり、それは飽きるどころか、同じものを見ても楽しみはどんどん深くなる。そんな見方をしたいものだ。
ディズニーランドも、USJも、毎年、どんどん高度な手法を取り入れ、より面白い娯楽を提供する。子供も大人も大喜びだ。しかし、それはあくまで外部から与えられる刺激に過ぎない。自分の感性を磨き、想像力を高めれば、1冊の本で、これらをはるかに上回る楽しさ嬉しさを得られるだけでなく、外部からの刺激はすぐに飽きて色褪せるのと違い、経験を重ね、思考を深めるごとにその喜びも大きくなり、さらにその能力は、人生のあらゆる場面で使えるのである。

すでに所有している本や映像作品を、かつてそれを読んだり見たりした時の自分と異なる自分として、新たな目で見ることで、より大きな感動を味わおうと思う。そして、それはできて当たり前のことである。
私には、ディズニーランドやUSJは用無しである(ただ、社会見学の意味で訪れるのは悪いことではないし、その時は楽しめば良いと思う)。

本やDVDも、今は欲しいものを際限なく買えるし、確かにそうしてきたが、それもやめよう。縁があって入手したものだけで十分である。
日本では、割合に最近までのことであったが、どこの国でも、昔は本を多く所有できる家は多くなく、同じ本を何度も読んだものと思う。しかし、彼らの想像力や感性は我々以下であろうか?むしろ逆と思う。
アンデルセンの家も貧しかったが、それでも、文学好きの父親のおかげで、聖書は当然として、何冊かの物語の本はあったらしいが、それだけであった。それでも彼は、人類最高の想像力を得たのである。
また、家にただ1冊あった聖書を繰り返し読むことで偉大な知恵を得て大きな仕事をしたという者も少なくはない。
なにごとも、そこからどれだけ学ぶかは、その人次第である。聖書を読んで何も学ばなかったり、むしろおかしな影響を受けることも考えられるが、3百回も読めば、少なくはない良い部分を発見し、それを身につけるのではと思う。
ある本を、10年以上かけて、本当にボロボロになるまで読み、そこから得た知恵を生かして成功した人を知っている。
幸い、私は、間違いなく優れた書といえる本や、名作のDVDを数多く持っているので、材料には事欠かない。その中の特に選りすぐりから徹底して学び、考え、知恵を得ようと思う。
良いGWを送る準備は十分である。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 姿を変えない理由 | Main | ワクワク、ドキドキ絶対厳禁! »

Comments

GWは書を捨て町にでよう!!
夜はキャバクラ!!
最近、本読んでないなぁ〜・・・。
相撲雑誌かプロレス雑誌ばっかだからなぁ〜・・・。
なんか良い本、教えて下さい?

Posted by: トーゴー | 2008.05.03 12:11 PM

清純な女子大生に、キャバレーとキャバクラは違うのかと聞かれた。よし、では、今夜キャバクラごっこしようと言ったら、明るく素直に「はい!」と言われた。
ルー・テーズの自伝「鉄人ルー・テーズ」はなかなか面白かったですね。ダニー・ホッジはジン・キニスキーよりずっと強かったそうです。寝技世界一はディック・ハットン。サブミッション世界一はカール・ゴッチ。ドロップキック世界一はパット・オコナーナー。そして、史上最強のレスラーはエド・ルイスだそうです。

Posted by: Kay | 2008.05.03 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GWへの新しい備え方:

« 姿を変えない理由 | Main | ワクワク、ドキドキ絶対厳禁! »