« 美しき偶像 | Main | シーシュポスへの誘い »

2008.05.08

エス

出逢いは偶然などと言う。
古い歌だが、中森明菜さんの「あなたのポートレート」という歌で、「あの日にボートがぶつかって、帽子を落としていなければ、他人のままでこんなときめきもない。恋は信じられない偶然」という詩がある。ロマンチックな出逢いである。
ところが、これが偶然ではないという見方もあり、CLAMPさんの漫画「ツバサ・クロニクル」のアニメの第1話のタイトルが「必然のデアイ」であった。CLAMPさんの作品ではよく、「この世に偶然はない。全ては必然である」と言われる。
エマソンは「あらゆる事実の必然的な理由を自分自身の中に見るべきである」と言った。
ニーチェは「偶然を自分の意思であるとして愛する」という運命愛を語ったし、イェイツは「宇宙大自然の偶然を自らの意思とすることで神に近付く」と言ったのは、ニーチェに近いものと思う。
実は、偶然と言い、必然と言い、その正体は謎なのである。
その中で面白いのは、ドイツ人医師で「心身医学の父」と呼ばれるゲオルク・グロデックのエスである。エスはドイツ語で、ラテン語のイドもよく知られているが、英語では単にit(それ)である。フロイト精神分析学の重要な用語であるが、その説明は実にいい加減に感じるもので、聞いてもさっぱり分からない。で、私もいい加減に言うなら、エスとは無意識に潜む生命エネルギーである。エネルギーという物理量が無意識という精神の中にあると言うのであるから、いい加減なことこの上ない(笑)。
フロイトのエスは、実はグロデックのエスを借用したものであるが、両者はかなり異なっている。
グロデックによると、転んで脚を折ったとしたら、それはエスの仕業である。エスなしに何も起こらないのである。よって、先程の中森明菜さんの歌で、ボートがぶつかって帽子を落としたのもエスの働きである。
病気になるのもエスによるものであれば、治すのもエスである。
女性は、好きな男性の前では手が冷たくなる。それは、エスが、「手を暖めて欲しい」という女性の願いに応えたものである。
とにかく、グロデックのエスは面白い。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 美しき偶像 | Main | シーシュポスへの誘い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エス:

« 美しき偶像 | Main | シーシュポスへの誘い »