« ジャン・ヴァルジャンに見る人生の収支 | Main | もしもピアノが凄い腕前で弾けたなら »

2008.04.12

単純なモチベーション

昔、アメリカにはポパイというヒーローがいて、ポパイはほうれん草を食べることでパワーアップして大活躍した。すると、ポパイのアニメを見た子供達が、普通は嫌いなことが多いはずのほうれん草を好んで食べるようになったらしい。
ここで考えるべきは、子供達は、ポパイが食べるから嫌々食べたのではないということだ。喜んで食べたのだと思う。
子供とはかくも単純である。もっとも、「灼眼のシャナ」という小説・アニメで、ヒロインのシャナがメロンパンが大好きなのを見て、朝食はメロンパンと決めている私も相当単純であるが、似たような方は多いと思う(笑)。
それなら、子供達に人気のあるヒーロー、ヒロイン達に、是非、子供達の嫌いなものを食していただいて、子供達の偏食を治そうと考えることもできるが、食べ物の好き嫌いというのは、単なる我がままではなく、体質に関係する場合もあるので注意しないといけない。例えば、ソバアレルギーや卵アレルギーの子供が、学校で教師に無理矢理これらを食べさせられ、危険な状態になったという事件も実際にある。
しかし、子供達が嫌いな食べ物の代表である、ピーマン、ニンジン、タマネギは、特に大量に食べない限り、体質的に合わない場合は少ないと思う。では、これらを是非、人気者達に・・・と思ったのだが、昔の「美少女戦士セーラームーン」では、セーラームーンこと月野うさぎの娘のちびうさはピーマンが嫌いであった。しかし、月野うさぎの恋人にして、ちびうさの父親である地場衛もまたピーマンが嫌いという、非常に子供達にとってためにならない設定があった(ただし、ちびうさも地場衛も、月野うさぎに強制されてピーマンを食べていた)。セーラームーンの仲間のセーラーヴィーナスこと愛野美奈子はしいたけがだめであるようだ。
「ふたりはプリキュア」のキュアブラックこと美墨なぎさはタマネギが嫌いであったが、がんばって食べる場面もあった。
ハム太郎がひまわりの種を食べるのを見て、自分も食べたいと思った子供は多いはずだ。アメリカ大リーグでは、選手たちがベンチでひまわりの種を食べることが多いらしいが、このように、人間の食べ物として存在し、普通のお店ではなかなか売っていないが入手することはできると思う。
ピカチュウあたりが、ピーマンやタマネギを美味しそうに食べるシーンを見せれば、子供達が喜んでこれらを食べるのにと思う。

食事ではないが、セーラームーンでは、中学生であったセーラー戦士達が集まって勉強する時は、セーラーマーズこと火野レイの自宅である神社に集うのが恒例であったが、そこでは正座して勉強していた。現在のアニメでも、可愛い女の子達が正座しているところは結構よく見る。養老孟司さんによると、正座というのは実に健康に良く、昔の日本人は、特に運動しなくても、正座をすることで身体、特に腹筋が鍛えられていたらしい。

私が思うのは、アニメで可愛いヒロインやイケてるヒーローが熱心に読書するようにしていただきたいと思う。きっと子供達を中心に、喜んで読書する人が増えるであろう。
私は「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門有希が黙々と読書する姿を見て、さらに読書熱を上げているのであるが(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ジャン・ヴァルジャンに見る人生の収支 | Main | もしもピアノが凄い腕前で弾けたなら »

Comments

ヒーローが読書するシーンなんて要らん!!
プロレスごっこするシーンを増やした方がまだましです。

Posted by: トーゴー | 2008.04.13 at 01:33 AM

私も休日に池のある公園のベンチか岩の上に座ってメロンパンを食べることがあります。
日によって違う水面の状態を眺めたりしています。

本を沢山読まれるとすると、本やDVDのトールケースがドンドン増殖して大変な事はないでしょうか?
収納専用の部屋があればある程度すっきり出来るかもしれませんが。

Posted by: market_3e | 2008.04.13 at 03:23 AM

★トーゴーさん
しかし、子供達がプロレスごっこの真似してもなあ^^;
まあ、プロレスの基礎であるスクワットやプッシュアップのシーンならいいかもしれません。

Posted by: Kay | 2008.04.13 at 10:10 AM

★market_3eさん
野外でシャナ萌えも良いかもしれませんね(違うかも・・・)。
水面は自らの心を反映する・・・なんてね^^;

本やDVDなどの置き場は、確かに頭の痛い問題ですね。海外のある作家は、そのために庭に小屋を次々と建てているそうですが。
スペースは、増やせば増やすほど、それを埋めるものも増えるのが法則のようです。

Posted by: Kay | 2008.04.13 at 10:10 AM

さすがケイさん・・・。
シュートな意見にも受け身がうまい!
よそのブログって、なよいんだよね。
えらそーな事、言ってるわりに・・・。
もしかしてケイさん、プロレス経験者!?

Posted by: トーゴー | 2008.04.14 at 09:48 PM

★トーゴーさん
ちょっと昔系のプロレスファンです。
トーゴーやハロルドは、名前だけは分かります。
(グレート東郷とハロルド坂田ですよね?)
今でも、パット・オコーナーやルー・テーズのDVDを見ることがあります。
しかし、分かるのは前田日明までです。
馬場さんはマジで好きでした。

Posted by: Kay | 2008.04.14 at 10:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/40860108

Listed below are links to weblogs that reference 単純なモチベーション:

« ジャン・ヴァルジャンに見る人生の収支 | Main | もしもピアノが凄い腕前で弾けたなら »