« 小説は不滅だ | Main | 学校教師の質を向上させるには »

2008.04.06

報恩

およそ人間の考えることで、恩に報いようとするものほど美しいものはない。これに比べたら、恋人を想う心などカスと言って差し支えない。
仏典にこんな話があった。竹やぶが火事になり、多くの動物が逃げ場を失った。1羽のおうむは、身体を池の水にひたすと、炎の上で羽ばたいて水をかけた。それを何度も繰り返す。それを見ていた神はおうむに「おまえの心はけなげであるが、その程度で何ができよう」と言った。しかし、おうむは、長い間住みかを与えてくれた竹やぶへの恩に報いるため、そして、動物達への慈悲の心で行っていることが成らぬはずがない。自分は次の生に及んでもやり通すと宣言した。心を動かされた神は、おうむと協力して火事を消した。
世界的建築家の安藤忠雄さんは、決してエリート建築家ではなく、独学で建築の勉強をし、サラリーマンとして個人住宅の設計をしていたようだ。安藤さんは、自分に仕事をさせてくれた大阪という都市に恩義を感じ、いろいろなボランティア活動をしていると聞く。
プロレスのジャイアント馬場さんは、初めてアメリカに武者修行に行った時は、今のイチローさんや松井秀喜さんらと全く違い、行きの飛行機のキップをもらったきりであったようだ。右も左も分からない中で、ボボ・ブラジルやジン・キニスキーといった大物レスラーなどが世話を焼いてくれた恩を決して忘れず、自分が大スターになっても、控え室では常に小さくなって先輩レスラーを立てていたようだ。また、ブラジルやキニスキーがすっかり年を取っても、定期的に日本に呼び、高いファイトマネーを支払い続けたと聞く。
恩を忘れない人間が成功しないはずがない。
不要なものを求めなければ、必要なものは必ず得られるが、大きく成功するかどうかは、陰徳の数と、自己にどれほど厳しい制約を課したかによって決まる。その上、恩を忘れない人間であれば、さらに成功するだろう。
ただ、成功の度合いが大きいと、煩いごとも、予想もできなかった程増える。正直言うと、そこそこ欲しいものは何でも買え、自分の時間をたっぷり持てるあたりが一番幸福ではないかと想う。
もっとも、宿命からは逃げられない。大物になる運命にある者は、それに応えるしかない。ある意味、気の毒ではある。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 小説は不滅だ | Main | 学校教師の質を向上させるには »

Comments

久しぶりに参上しました^^

kayさん節は、いつ読んでも納得することが多いです
最近、セミナーを疎かにしてましたので余計に新鮮に感じましたよ
陰徳の数と、自己にどれほど厳しい制約を課したかによって決まる
納得です!^^

今夜のセミナーにwで・・

Posted by: Hide‐Pyon | 2008.04.06 11:22 PM

私も陰徳積みたいなあ(笑)。
いまのうちに積んどかないと、後がコワい^^;

Posted by: Kay | 2008.04.07 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 報恩:

« 小説は不滅だ | Main | 学校教師の質を向上させるには »